F1ルイス・ハミルトンが歌手活動に意欲「かなり真剣になってきた」。

写真拡大

F1ドライバーのルイス・ハミルトンが、音楽界でのキャリアに向けて真剣に取り組んでいるという。

元恋人である歌手のニコール・シャージンガーのために作った自宅内のスタジオで、レース以外の時間のほとんどを過ごしているというハミルトンは、曲作りを趣味として始めたものの、世間に聞いてもらうことにも意欲を示している。

「かなり若いころから音楽への情熱は大きかったんだ。13歳の時にギターを弾き出したよ。自分らしさを出せて、弱さも見せられる。世間が知らないような自分の一面を出せるんだ」
「常に趣味としてやっていたけど、かなり真剣になってきているんだ…トレーニング中やレースに向けて準備していない時はスタジオにいるんだよ」

ハミルトンはスタジオでのやる気はレース中のそれと同等だとするものの、スタジオではありのままの自分でいられるそうで、CBSに対してスタジオを案内しながら「ここに人を連れてくるなんて考えたこともなかったよ。でもファンのみんなと共有したいし、みんながどう思うか知りたいんだ。僕の仕事に対するやる気はここでもレーストラックでもまさに同じだからね。ただ自分らしくいられるのはここだけなんだ」と語った。

そんなハミルトンについてこれまでタイニー・テンパーやミゲルなどがその才能を評価しており、タイニーは「本当にすごく興味深いよ。世間がどんな反応を見せるか見てみたいね」と口にしていたほか、ミゲルは「ルイス・ハミルトンはとても才能あるミュージシャンだよ」と称賛していた。