年末年始の太り易い時季。肥満が誘因の病気といえば糖尿病だ。この季節の戒めとして、日本の調査からメタボ男性の糖尿病予防策をご紹介しよう。

 金沢医科大学公衆衛生学部の櫻井勝氏らによると、体格指数(BMI)25以上の肥満男性が炭水化物を食べ過ぎると、糖尿病の発症リスクが上昇するという。

 櫻井氏らは、工場勤務の33〜55歳(平均年齢45.9歳)の男性、約2000人を調査。平均BMIは23.4だった。

 2003年の登録時に栄養摂取状況を調査し、その後10年にわたり毎年の検診結果から2型糖尿病の発症を確認。食事の内容と発症リスクの関連を調べた。

 1日の総摂取エネルギーに対する炭水化物の割合を検討したところ、全体としては糖尿病の発症リスクとの因果関係は認められなかった。しかし、BMI25以上の肥満男性に限った場合、炭水化物から摂取するエネルギー比率が65%を超えると、同50〜57.4%の人より、発症リスクが2倍に跳ね上がったのである。

 日本人男性の食事摂取基準では、炭水化物エネルギー比は50〜65%なのだが、肥満の人に限れば、さらに制限したほうが良さそうだ。

 また、同じ肥満でもおなかがポッコリで筋力低下を伴う「ダイナペニア」の方は、食事改善に加えて筋トレがお勧め。

 国立健康・栄養研究所の宮地元彦氏らは、日本企業に勤務する40〜64歳(平均年齢51歳)の男性、約5000人の検診データと握力測定データを収集。握力は32.5キログラム、37.8キログラム、41.5キログラム、47.3キログラムの4層別で評価した。

 調査期間中に糖尿病を発症した人について、BMI25以上と25未満に分けて解析した結果、BMI25以上の肥満者では、握力(筋力)の低下と有意に逆相関して、糖尿病の発症比率が上昇したのだ。研究者は「痩せるだけでなく、筋力を高める運動やスポーツが推奨される」としている。

 ちなみに、日本の成人男性の平均握力は48キログラム前後。おなか周りを意識し始めた方は忘年会のビールを2杯減らし、ダンベルを二つ購入しましょうか。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)