画像

写真拡大 (全4枚)

 ニールセンは2015年PC・スマートフォンからのインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。

 ニールセンは2015年の日本におけるPCとスマートフォンでのインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。

●PCからの利用者数、軒並み減少
パソコンからの利用者数TOP10

 PCからの利用者数TOP10サービスをみると、2014年と比較して10サービス中9つのサービスで利用者数が減少している。ただし、2014年時点ではTOP10全てのサービスが前年比で2ケタ減であったことと比べると、減少幅は小さい。そのような中、「Yahoo!」は2位の「Google」と比べて1.5倍以上の利用者数を維持し首位をキープした。

 唯一利用者数を伸ばしたサービスは「Naverまとめ」(ブランド名はNaver Japan)で、昨年度の14位から10位順位を上げている。また、「Facebook」も昨年度は12位だったが、減少幅が小さかったことで相対的にランクが上昇し。加えて、減少率が1ケタ台であった「Rakuten(楽天)」や「Amazon」もそれぞれランクを2つ上げている。

●スマートフォンからの利用者数、2ケタ成長
スマートフォンからの利用者数TOP10

 マートフォンからの利用者数TOP10では、9つのサービスで利用者数が2ケタ増となった。1位は「Google」、2位は「Yahoo!」で、共に月間約4,000万人以上に利用されている。増加率が高いのは6位の「YouTube」(2014年度は7位)と10位の「Naver Japan」(2014年度は13位)で、共にランクを上た。

●アプリの利用者数1位は今年もLINE、メルカリは利用者数3倍超
スマートフォンアプリ利用者数TOP10(上)、スマートフォンアプリ 対昨年増加率TOP5(下)

 アプリの利用状況を見ると、最も利用者数の多かったアプリは3年連続「LINE」で、2位以下と1,200万人以上の差をつけた。TOP50アプリの中で最も増加率が高かったアプリは「メルカリ」で、2014年度と比較して3倍以上の利用者数となった。また、「Instagram」や「Facebookメッセンジャー」も利用者数を2倍以上に伸ばした。

MarkeZine編集部[著]