最近、折り込みチラシやネットなどで見かける高級マンションの広告コピーがすごいことになっている。現象にいち早く気づき、広告コピーを“収集”してネットなどで記事を配信しているのがカメラマンでライターの大山顕氏だ。大山氏が気付いた特徴と、収集した名作を紹介しよう。

●なぜか英語をはさむ

 ちょくちょく英語をはさむのも特徴のひとつ。

《私庭、高輪。ようこそ、高輪の頂へ。やすらぎを極めた真の私邸。THE WORLD CLASS》(高輪ザ・レジデンス)
《この聖域は、総てのDESIREを満たす。》(ランドステージ代々木の杜)

「欲望」だとギラギラしすぎるため、英語にして中和している面もあるのだとか。

●明るい未来を見せる

「ここに住めば未来は明るい」と教え諭すポエム。

《東京都心に住む。それは選ぶ地に自身の姿が投影されるということ。》(ブリリア外苑出羽坂)
《ぼくたちの明るい未来を照らす小さな幸せは、この道の向こうにあった。》(エクセレントスクエア西船橋)

●世界征服

 勢い余って、「征服者」になってしまうことも。

《FROM神楽坂 東京を掌る すべての時は、ここからはじまる。》(パークハウス牛込神楽坂)
《天王寺・阿倍野エリアを手中に収める暮らし。》(パークタワーあべのグランエア)
《ここに住むこと。それは、札幌都心のすべてを手中にすること。》(リビオ中島公園アルファタワー)

(※コピーや物件情報は大山顕氏提供)

※週刊ポスト2015年12月25日号