篠原ともえ

写真拡大

16日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、「ももち」こと嗣永桃子(つぐながももこ)が、自身のキャラクターについての相談を、篠原ともえにしていたことを明かした。

番組では、ももちがつるの剛士、安田美沙子とともに、鎌倉散策のロケをしていた。ロケVTRで、つるのはももちが23歳になったことに触れ、「いつになったらバンっと切り替わるんだ?ゆうこりん(小倉優子)みたいに」と、ももちのキャラクター変更に切り込んだ。ももちは「こりん星の爆破はアイドル王国でも結構衝撃だった」と語って、笑いを誘った。

ゆうこりんこと小倉優子は、かつて「こりん星」からやってきたという設定で活動していたのだが、現在はそのキャラクターを卒業している。

つるのは、ゆうこりんにかけて「ももち星は、いつ爆発するの?」と訊ねた後、今度は篠原ともえを引き合いに出した。かつて、個性的なファッションと、強烈なキャラクターで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原について、つるのと安田は、リアルタイムでそのことを知らないももちに「スゴかったんだよ!」と興奮気味に説明していた。

すると、ももちは「この間、『ヒルナンデス』さんで、シノラーさんと公園とか一緒にロケさせていただいて、そのときにすごく親身に相談に乗ってくださって」と、既に自身のキャラクターについて、ガチの相談をしていたことを明かしたのだ。

そしてももちは、そのときに篠原がくれた「別に自分から変えようと思わなくても、周りが勝手に変えてくれるから、自然に身を委ねていれば大丈夫だよ」というアドバイスを紹介し、「(篠原と)『おとももち』の域を超えた気がしました」と語った。

【関連記事】
加藤浩次が嗣永桃子に「殺すぞこの野郎」 直後に失言したと謝罪
高島彩 夫・北川悠仁へのある行動に有吉弘行「面倒くさい」
水卜麻美アナ 藤田ニコルの一言に詰め寄る「私聞き逃さないから!」