スイーツ断ちのダイエットってツラいですよね? 食べれば幸せ気分になれるスイーツは、食べない! と決めても、ついつい手を伸ばしてしまうもの。我慢してストレスを溜めるくらいなら、少しだけ食べてみませんか? ここでは、スイーツとダイエットを両立する方法をご紹介します。

スイーツを食べる前に絶対チェックしておきたいこと

ダイエット中のスイーツの食べ過ぎは、もちろん禁物。ちょっとだけと思って手を伸ばしたら、やめられずにどんどん食べてしまったなんてことになったら困ります。そこで、スイーツを食べる前に、必ず次のことをチェックしましょう。

1.ご飯はきちんと三食食べているか?

私たちの体は、1日3食の食事で十分に足りるようにできています。間食がやめられないのは、きちんと食事を摂っていないから。スイーツに手を伸ばす前に、バランスのいい食事を取る習慣を身につけましょう。特に夜寝る前にスイーツを食べてしまうと、糖質の分解が間に合わず、朝食が食べられないなんてことになってしまいます。まず朝食をしっかり食べるようにすれば、夜のスイーツは自然とやめられます。

2.野菜は足りているか?

甘いものが食べたくて仕方ないのは、食生活のバランスが崩れていることが理由のひとつです。スイーツが食べたくて仕方ないという時は、自分の食生活を振り返ってみましょう。パンやパスタ、白米など炭水化物(糖質)に偏った食生活になっていないか、不足しがちなタンパク質や野菜もきちんと食べているかチェックしましょう。

ダイエット時におススメするスイーツの食べ方

少しだけと思っても食べ過ぎてしまっては元も子もありません。そこで、ダイエット時におススメしたいスイーツの食べ方をご紹介します。

1.食べる時間は3時のおやつが最適

夜寝る前にスイーツを食べてしまうと、寝ている間に脂肪が溜まりやすくなります。それに翌日の朝食が食べられないという悪循環に陥るのは何としても避けたいところ。スイーツを食べるなら、3時のおやつにしましょう。昼間、活動している間にカロリーの消費ができるので、脂肪が増えるのを防ぐことができます。

2.食べ過ぎを防ぐには飲み物と一緒に食べる

どうせ食べるなら、温かいコーヒーや紅茶をいれて、ゆっくりと味わって食べましょう。心が満たされるので、少量のスイーツでも満足できます。お腹が空いてついお菓子に手が伸びそうになった時も、温かい飲み物を飲めば、気を紛らわせることができますよ。


writer:岩田かほり