Pepper

写真拡大

16日、あるTwitterユーザーが、Pepperによる早口言葉の動画を投稿し、話題を集めている。Pepperはソフトバンクが開発したパーソナルロボットで、人工知能を搭載し、人間と会話することができる。


ユーザーの投稿した動画では、Pepperが「何番のスーパー早口言葉が聞きたいですか」と質問し、ディスプレイには4つの早口言葉が表示された。

ユーザーは「派出所に衝撃が走る 八週連続 朝食ハッシュドビーフ」を選択。続いてPepperは「何番のスピードで聞きたいですか」と質問し、再びディスプレイには「10倍」「100倍」「1万倍」「1億倍」と表示され、ユーザーは「1億倍」を選択した。

Pepperは「1億倍ですね」「それではいきますよ。いち、に、さん」とカウントダウンを始める。直後に少し間を空けてから、一瞬「ザッ」とノイズのような音が流れ、その後、効果音が鳴り響いた。どうやらのノイズのような「ザッ」という音が「1億倍のスーパー早口言葉」のようだ。

このツイートは、16日18時30分の時点で5100件以上のリツイートと、3800件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
今田耕司 後輩・千原ジュニアの結婚がショックのあまりPepperの電源をオフに
岡村隆史 今田耕司が同居するPepperの不気味な挙動に怯えていると明かす
孫社長のロボ、「報ステ」生放送で動作停止に 収録では古館にジョークを連発「冗談は顔だけにしてください」