写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宝島社はこのほど、「SEXおよび結婚事情」に関する意識調査の結果を発表した。調査は30歳前後の働く女性を対象にしたファッション雑誌「steady.」の読者を対象にインターネット上で行われ、250名から回答を得た。

はじめにセックスが好きかどうか尋ねたところ、89%が「はい」と回答。さらにセックスの頻度について調べてみると、全回答の平均は月に1〜2回、所要時間は平均20〜30分となった。

次にセックスの満足度も調査した。結果は「今のセックスに満足している」と答えた人が63%となった。またセックスに求めるものを調べると、1位には「気持ちよさ」がランクイン。次いで「愛」「体の相性」と続いた。主な理由としては、「同じ相手と長い期間セックスするには気持ちよさが重要」「性欲を満たすというより、愛の確認のための行為」といった意見が寄せられた。