INAC神戸のFW澤穂希(37)が今季限りで現役を引退することが分かった。澤が所属するマネジメント会社が発表している。

 澤は15歳で女子日本代表に初招集され、4度のオリンピックと6度のW杯に出場。11年ドイツW杯大会では、決勝のアメリカ戦で劇的な同点ゴールを挙げるなど、日本男女を通じて初のW杯優勝に大きく貢献。MVPと得点王も獲得し、同年度のFIFA女子最優秀選手賞にも輝いた。

 なでしこジャパンでは最多の205試合と83得点を記録するなど20年以上にわたって日本女子サッカーをけん引してきた。また、今年8月11日にベガルタ仙台の強化・育成担当の辻上裕章氏との結婚を発表していた。

 なお、澤は17日に都内で引退会見を行う予定となっている。