写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2015年12月16日から18日、マイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2015」が東京ビッグサイトにて開催されている。今年の特別展「WORLD OF IOT」には、半導体製造装置や材料とは異なるさまざまな分野の企業がIoT関連のブースを出展している。

IoTを実際に体験できるデモンストレーションエリアでは、ユカイ工学がコミュニケーションロボット「BOCCO」を展示している。

2015年7月より販売されているBOCCOは、WiFiおよびセンサと通信するための近接無線の技術を搭載しており、インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサの情報をスマートフォンに通知することができるというもの。たとえば、ドアに取り付けた積み木型のセンサによって子どもの帰宅時間をスマートフォンで把握したり、スマートフォンから「おかえり」などといった音声メッセージをBOCCOへ送ったりすることが可能だ。

現在販売されているセンサは、ドアに取り付けることを想定した加速度センサのみだが、今後は鍵の閉め忘れを防ぐロックセンサや、人の動きを感知するセンサ、部屋の温度や湿度を知らせるセンサの発売を予定しているという。

また、クラウドコンピューティングサービスを提供するAmazon Web Services(AWS)やIoT通信プラットフォームを提供するソラコムもブースを出している。AWSは、同社のサービスを用いた最新のAWS IoTソリューション、ソラコムは、従量課金でIoT向けのデータ通信SIM 「Air SIM」を利用できるサービス「SORACOM Air」についての展示を行っている。両者ともSEMICONへの出展は初となる。

このほか、テスラモータズはアクセルを踏んでからわずか3秒でガソリンを使わずに一気に時速100kmに達することができるという電気自動車セダン「モデルS」を展示している。モデルS車内のタッチスクリーンでは、エアコン設定のカスタマイズ、ラジオの選局などといった機能を指先ひとつで操作することが可能だ。

一方、トヨタ自動車ブースでは、デンソーなどが協力して開発を進めるSiCパワーデバイスの紹介が行われている。SiCトランジスタやSiCダイオードのウェハの実物や、シリコンPCU(Power Control Unit)に比べて約1/5のサイズに小型化されたSiC PCUなどの実物を見ることができる。

(周藤瞳美)