2016年のトレンド「ウィートグラス」「離島料理」「進化系減塩」って何!? オリンピックやTDS・USJの15周年などお楽しみいっぱいの1年になりそうだよ!

写真拡大

2015年もあとわずか。1年を振り返ってしんみり……してる場合じゃな〜い!! すぐに2016年がスタートします。一体どんな年になって、どんなものが流行るのか。

トレンド総研(東京都渋谷区)は、20〜60代の男女500人を対象に「2016年の注目トピックス」を調査するとともに、「2016年の分野別トレンド」を予測。

来年流行るのは「離島料理」「進化系減塩」「ウィートグラス」なんだって! え、なに、何?

【2016年の関心事ランキング】

まず2016年に予定されているイベントやトピックスに対する意識調査を実施し、ランキングしたところ、結果は次のようになりました。(複数回答可)

1位/マイナンバー制度スタート(236人)
2位/リオオリンピック・パラリンピック(162人)
3位/電力小売り自由化(153人)
4位/北海道新幹線の開業(116人)
5位/テーマパーク周年事業(114人)

1位は、1月からの「マイナンバー制度」。全員にかかわる制度だけあって関心度高し。便利ということ以上に、プライバシーや詐欺を心配する声が挙がりました。

2位は、夏の「リオオリンピック・パラリンピック」。東京五輪のひとつ前ということで、いつも以上に注目が集まっているよう。そして3位は、消費にも影響を与えそうな4月からの「電力小売り自由化」でした。

4位は、3月26日の「北海道新幹線開業」。東京-新函館北斗間が4時間強で結ばれるということで、北海道旅行を計画する人が増えそう。

5位は「テーマパーク周年事業」。実は来年「東京ディズニーシー」と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」がそろって15周年を迎えるんです!! テーマパーク好きにはたまらない1年になりそうですねっ。

【「離島料理」専門店も続々オープン】

では2016年には何が流行るのか「分野別トレンド予測」についてもご紹介していきましょう。

まず「食」で注目は「離島料理」。香川県の小豆島、東京の秘島・青ヶ島など離島が観光スポットとして人気を集める中、今度は食べものにも注目が集まりそう。

すでに全国の島々の料理が楽しめるお店がオープンしつつあるんだって。オリジナリティあふれる個性的な料理に来年はたくさん出会えるかも!?

【「進化形減塩」で無理せず健康に】

「健康」分野で、注目は「進化形減塩」。減塩というと味気ない感じがしますが、だしのうまみを生かした減塩食、スパイス・ハーブを使って料理の塩分量を抑える調理法など、イメージをくつがえす商品や料理法が人気を集めそうだとのこと。

【セレブにも人気の「ウィートグラス」】

「美容」分野で注目は「ウィートグラス」。これは小麦若葉のことで、生のまま絞ってジュースやスムージーにして飲むため「海外版青汁」とも言われているそう。

ミランダ・カーなどハリウッドセレブがジュースにして飲んでいることから、アメリカで大ブームとなっているんだって。

このほか「民泊マッチング」「お試し移住」「VRコンテンツ」「学生シッター」なども注目キーワードだとか。

こうやって見ると、オリンピックや新幹線、テーマパークにおいしそうな料理や新しい健康・美容法と盛りだくさんで、来年も楽しくなりそうな予感!!

参照元:トレンド総研
執筆=シナモン (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む