12月16日、東京・マダム・タッソー東京で、「ベッキー 等身大フィギュア お披露目式」が行われ、ご本人のベッキーさんが登場しました。


「マダム・タッソー」はご存知、ハリウッドスターやスポーツ選手、各界の著名人の等身大フィギュアが一堂に集う体験型アトラクション施設です。

このたび、ベッキーさんは女優や歌手、モデルなどの幅広い活躍と、来館者アンケートでも人気が高かったことから、フィギュアが制作されることになりました。


もともと家族全員で、筋金入りのマダム・タッソーファンだというベッキーさん。

今回のお披露目までの時間も館内のフィギュアと“記念撮影”するなど、とても楽しんでいたそう。「母親はロンドンのマダム・タッソーに行くくらい好きなので、母が一番喜んでいると思います。私自身も、今年一番うれしかったです、ビッグニュースです!」と感激していました。


マダム・タッソーはシビアな採寸でも知られますが、実際に大変だったのでしょうか?

「もう、こんなにするんだってくらい、こと細かく最新しました。これだけ細かくするから間違いない、そっくりというか同じにできるので、すごいなと感激しました。“小顔にしてください”と言ったんですけど、どうなっているんでしょう」と、まもなく対面するフィギュアにドキドキの様子。

そうして、いざ対面のときがくると、ベッキーさんは「わーーっ」と叫びました。


「私ってこんなふうに見えてるんですね。どうですか?」と報道陣に質問をし、ポーズに関して「来てくださった方々に挨拶(の手の形)と、足の形が悪く見えないように気を付けました」と明かしました。


「自分でも同じだなと思うので、私に会った感じで写真とか撮っていただきたいですね」と、フィギュアと同じポーズを繰り出してくれました。


そして、いよいよ来週に迫ったクリスマスについて予定を聞かれたベッキーさん。「今、当日はたぶん独身女性四人で過ごそう、みたいな。その確約はとれているので。抜け駆けの希望は皆持っているのですが、全員揃うと思います(笑)」と、女子会予定の様子……。

2016年の抱負については「2016年は現状維持でゆったりとひっそりと過ごします。普通でいいです。特に望すぎず、現状維持ですーっと生きていたいです。疲れていませんよ(笑)、大丈夫です」と、朗らかに語りました。


「ベッキーさん等身大フィギュア公開記念!特別展示イベント」は12月16日14時〜2016年1月31日まで期間限定で展示されます。

【関連記事】

※ 仲良し菊地亜美がマギーのキス顔を激写!楽しくラテアート体験

※ 岡田准一「鼻うがいで…死にそうになりました(笑)」エヴェレストでの過酷な撮影秘話を告白

※ ミニワンピースで美脚披露の水原希子、2015年一番のハッピーは「ハワイでの誕生日祝い♡」

※ 来日した世界的モデル、ミランダ・カーがタイトなミニワンピ姿で艶やかに登壇!

※ イケメン俳優・桐山漣の半裸ショットに「安心してくださいとは言えません(笑)」