ヤマハ発動機ジュビロ vs 豊田自動織機シャトルズ(11月21日、ヤマハスタジアム) (c) 2015, JRFU photo by K. Demura

写真拡大

2015年は、お茶の間においてラグビー開眼の年となった! ワールドカップでラグビー日本代表が強豪・南アフリカを倒し、世界中の人々を熱狂させたことも記憶に新しい。

【国立競技場】「メモリアルグッズ」売れ筋ランキング

その後、ラグビー旋風が到来。五郎丸歩選手が大ブレイクしたことで、彼の独特のポーズは社会現象となり、「五郎丸(ポーズ)」は今年の流行語大賞のトップ10に入った。

7人制ラグビーが正式競技となった2016年リオ五輪では、男女共に日本代表の出場が決定し、追い風を受ける中、今は「ジャパンラグビー トップリーグ」が熱い。この機会にこの男たちの熱いプレイに注目し、ラグビーの面白さを再確認してみようではないか。

そこで、元ラグビー日本代表選手で、現在、トップリーグ委員会の委員長を務める太田治氏にインタビューし、ビギナー向けにラグビーの魅力や見どころ、知る人ぞ知る意外な楽しみ方について、話を聞かせてもらった。

――太田さんは、今のラグビー旋風の手応えをどう感じていますか?

「そうですね。ワールドカップでの日本代表の活躍は、ラグビー業界に好影響を与えてくれました。多くの方に来場いただき、11月13日に開幕しましたトップリーグにはお客さんも1開催の平均入場者数は対昨年比170%の8147人(第4節終了時)と非常にありがたい結果がでています。そのトップリーグはワールドカップの日本代表選手の31人中28人が所属しています。」

――五郎丸歩選手が大ブレイクしたことも大きかったですね。

「五郎丸選手はカッコいいし、落ち着いたコメントもいいですね。でも、あそこまで人気が出るとは思わなかったです。やっぱり、勝つことに注力しなきゃいけないんだなと実感しました。それには、日本代表における“選択”と“集中”が必要で、今回はそれが結果に結びついて良かったです。実際、トップリーグの反響にも影響が出ていますし、いろんなメディアでも、ラグビーのネタが取り上げられるようになりました」

――そもそも、ラグビーを生で観戦する魅力はどんなところでしょうか?

「ラグビーは肉弾戦です。コンタクトスポーツなので、タックルしたり、ボールを持った選手が当たりに行ったりすると、ドスッといったような音が聞こえるので、スタジアムで観ると、臨場感が違います。テレビだとなかなか伝わらないので、その音にも感動するのではないかと思います」

――“草食男子”とは真逆の屈強な肉体をもつ選手たちは、女子にも人気があるとお聞きしています。

「鍛え抜かれた体つきがいいでしょう!あの頑丈な体がガンガンぶつかるような音を楽しんでほしい。また、ルールにとらわれずに、蹴ってよし、当たってよし、ジャンプしてよしと、接触プレイができるボール・スポーツは、ラグビーとアメフトくらいです。ラグビーは、防具も付けていないので、選手たちの顔も見えますからおすすめです」

――確かにルールは比較的わかりやすい気がします。

「基本は、ボールを前に投げちゃいけないということです。オフサイドのルールは少し難しいかもしれないけど、試合を観ていれば、すぐにわかってきます。けっこうシンプルなスポーツですから。

日本代表が帰国した直後、畠山健介選手(サントリー)が、『ルールは分からなくてもいいです。ここのメンバーも全部のルールは把握していない』と言いましたが、あのコメントはナイスでした(笑)。単純に言えば、前へ出るか、後ろに下がるかによって負けが決まる。そんなところです」

――トップリーグの自由席のチケットは1350円と、とてもリーズナブルですね。

「そうなんです。2試合観られたりするし、かなりお得感があります。また、試合後に選手と触れ合える『グリーティングタイム』が好評です。試合後に何人かの選手が、お客様への感謝を込めて握手をしたり、サインをしたりするというファンサービスをやっています。トップリーグのホームーページでは、必ず開始の2〜3日前に試合当日のファンサービスの詳細情報を出しますから、ぜひ気になる選手をスタジアムでチェックしていただきたいです」

――12月26日(土)には、キヤノンvsヤマハ、サントリーvs東芝の試合がラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場で開催され、五郎丸選手も出場も期待されますね。

「2試合あるのですが、五郎丸を中心とした日本代表スコッドが、4チーム合わせて14人が出場の可能性があります。東芝とサントリーは府中のチームだし、本社が港区なので、“港区DAY”も含めたイベントを考えています。この日は盛りだくさんで、ファミリーで行っても楽しめると思います。

他の試合日にも、試合とセットでいろんなイベントが行われます。また、12月19日(土)の秩父宮ラグビー場の試合は『ゴジラデー』で、今年のトップリーグの応援キャラクターであるゴジラと選手がいっしょに入場する予定です」

――トップリーグのチケットは、今からでも手に入るのでしょうか?

「トップリーグのチケットは、今なら全試合のチケットが販売中です。たとえ前売で予定販売枚数が終了した場合も当日券も枚数は日によって違いますが必ず出ます。是非、この機会に日本トップレベルラグビーの試合をスタジアムで楽しんでください!」