写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBMは12月15日、顧客一人ひとりの理解に基づき、あらゆるチャネルで統一されたブランド体験の提供を支援することを目的に、クラウド型のマーケティング・ソリューション「IBM Marketing Cloud」とオープン・エコシステムの提供開始を発表した。

「IBM Marketing Cloud」は、メールやモバイル・プッシュ、Web、ソーシャルの顧客接点をサポートするクロスチャネル・キャンペーン管理を行う基本機能のほか、TwitterやFacebookなど他社が提供するサービスのデータをクリック操作で統合するデータ・エクスチェンジ・プラットフォーム「Universal Behavior Exchange(以下、UBX : ユニバーサル・ビヘイバー・エクスチェンジ)」や、クロスチャネルのブランド体験を設計する「IBM Journey Designer」、その施策効果を分析する「IBM Journey Analytics」の3つのサービスで構成される。

また、同社は「IBM Marketing Cloud」の提供開始に合わせ、UBXのオープン・エコシステム「IBM Marketing Cloud パートナー・ネットワーク・プログラム」を開始。先行して、オプトやカレン、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、フリークアウトがパートナーとして参画する。

例えば、DSPサービスと連携する場合、CRMと同一のシナリオを広告展開に活用できる。パートナー各社は、IBM Marketing Cloudと自社のサービスを連携することで、網羅的なコミュニケーション設計とその実行をマーケターに提供できるほか、データ分析から得られるインサイト(洞察)を顧客との対話に活用し、「個客」ごとに好ましいタイミングにパーソナライズされた対応を実現することが可能だ。