写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国際半導体製造装置材料協会(SEMI)は12月15日、2015年末の半導体製造装置市場予測を発表した。

それによると、2015年の半導体製造装置(新品)販売額は、前年比0.6%減となる373億ドルという予測となった。また、2016年は若干のプラス成長で1.4%増となる見込みだという。

具体的には、半導体製造装置の中で、金額では最大のセグメントとなるウェハプロセス処理装置市場は、2015年は0.7%増の295億ドルに成長すると予測されたほか、ファブ設備、マスク/レチクル、ウェハ製造装置を含む「その他の前工程装置」は、20.6%増が見込まれるとしている。ただし、組み立ておよびパッケージング装置市場は16.4%減の26億ドル、テスト装置は7.4%減の33億ドルと、後工程関連はマイナス成長になるとの見方がなされている。

一方、地域別で見た場合、台湾、韓国、北米の3地域が最大市場となるものの、日本における投資額も北米市場とほぼ肩を並べるまでに拡大するという予測となっている。また、欧州市場については、2015年に前年比13%減となるも、2016年はGLOBALFOUNDRIES、Infineon、Intel、STMicroelectronicsがファブの装置支出を増加させることが予測されることから、2016年には前年比63.1%増の34億ドルへと成長することが見込まれるとしている。なお、2016年の日本、韓国、台湾の装置市場は、いずれも縮小することが予測されている。