2015年 日本におけるスマートフォンアプリ 対昨年増加率 TOP5

写真拡大 (全4枚)

 ニールセンは15日、2015年の日本における「インターネットサービス利用者数ランキング」を発表した。スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」およびPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータを集計した。

 それによると、2015年におけるPC利用者数トップ10のサービス中、9つのサービスで、利用者数が前年より減少していた。ただし、2014年もすべてのサービスが2ケタ減だったため、減少幅は小さくなっているという。

 利用者数1位のサービスは「Yahoo!」。2位「Google」と比べて1.5倍以上の利用者数を維持し首位をキープした。唯一利用者数を伸ばし順位を上げたのは、「Naverまとめ」を6%伸ばして10位に入った「Naver Japan」(2014年度は14位)だった。減少幅が小さかったことで「Facebook」も相対的に8位にランクが上昇した(2014年度は12位)。「Rakuten(楽天)」や「Amazon」もそれぞれランクを上げている。

 一方スマートフォンは、利用者数トップ10のうち9つのサービスで利用者数が2ケタ増。1位「Google」、2位「Yahoo!」ともに、月間約4,000万人以上に利用されていた。アプリの利用状況を見ると、もっとも利用者数の多かったアプリは3年連続「LINE」で、2位以下と1,200万人以上の差をつけている。トップ50アプリのなかでもっとも増加率が高かったアプリは「メルカリ」で、2014年度と比較して3倍以上の利用者数となった。また、「Instagram」や「Facebookメッセンジャー」も利用者数を2倍以上に伸ばしている。