画像

写真拡大 (全2枚)

 ヴァル研究所は12月15日、乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」と銀座駅周辺の約200台のビーコンを用いた、実証実験を開始した。

 ヴァル研究所は12月15日、NTTドコモの協力のもと、乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」と銀座駅周辺の約200台のビーコンを用いて、ユーザー体験向上と新事業モデルの展開に向けた実証実験を開始した。
実証実験イメージ

 同実証実験では、銀座駅周辺のビーコンをスマートフォンで検知し、銀座駅周辺地図とユーザーの現在地を表示・案内する。また、現在地に関連した情報の配信も行う。観光・ショッピングのために銀座駅を訪れるユーザーを対象に、GPSを使った地図アプリのナビゲーションでは実現しにくい「地下鉄駅から地上への出口案内」を行いながら、クリック数等の反応を検証する。

 ビーコンの受信には、「39Geopla」のSDKを導入した乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」の最新版(iPhone:バージョン3.2.0以上、Android:バージョン2.13.0以上)を利用。同アプリでの「位置情報の取得を許可」および、スマートフォンの「Bluetooth機能」、「位置情報」をオンにしておくことでサービスを利用できる。

MarkeZine編集部[著]