画像

写真拡大 (全2枚)

 スタートトゥデイは12月15日、ファッションフリマアプリ「ZOZOフリマ」をリリース。同アプリは、ZOZOTOWNに商品の掲載が可能になったり、ZOZOTOWNおよびWEARの商品情報・画像を使用して出品出来たりするなど、既存サービスとの連携を強みとしている。

 スタートトゥデイは12月15日、ファッションフリマアプリ「ZOZOフリマ(ゾゾフリマ)」をリリースした。同アプリでは、ユーザーが出品したアイテムは「ZOZOフリマ」内だけでなくZOZOTOWNにも「フリマ商品」として掲載できる。また、ZOZOTOWNおよびコーディネートアプリ「WEAR」の商品情報・画像を使用して出品できるため、商品撮影や商品情報の詳細を入力する必要なく簡単に出品することが可能だ。

 さらに両サービスとID連携することで、ZOZOTOWNの購入履歴や、手持ちのアイテムを保存できるWEARの機能「クローゼット」から売りたいアイテムを選択して出品できるといった機能も搭載している。同時に、CtoCサービスで懸念される個人情報や決済は、ユーザー同士ではなく同社を介して行われるため、安全に取引できる。

 同社では、昨今の中古アパレル市場の拡大、そして同社の二次流通事業として展開するブランド古着セレクトショップ「ZOZOUSED」および買取サービスが好評なことから、今回のリリースに至った。今後同社では、同アプリの提供により、さらなる二次流通事業の強化とZOZOTOWNにおけるアイテムラインナップの拡充およびユーザー層の拡大を目指す。

MarkeZine編集部[著]