2015年の温室効果ガス排出量は「前年を下回る」見込み

写真拡大

「世界の温室効果ガス排出量の増加」が鈍化しているという報告が続いている。この鈍化は、経済の悪化を反映したものではなく、経済成長が続くなかで起きていることも指摘されている。

「2015年の温室効果ガス排出量は「前年を下回る」見込み」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国エネルギー省情報局(US Energy Information Administration)は2015年11月、14年における同国の温室効果ガス排出量についての分析を発表した。これによれば、排出量の増加が鈍化しており、さらにこの鈍化が、経済の悪化を反映したものではなく、経済成長が続くなかで起きたことが示唆されていた(以下のグラフ)。

そしてこのほど、グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)が組織した研究者グループが、『Nature Climate Change』誌に、15年の世界の排出量は14年を下回ると予測するコメンタリーを発表した。

同グループの予測によると、14年の化石燃料とセメント生産による排出量は13年から0.6パーセントの増加だ。これは、過去10年間の年間増加率である2.4パーセントを大幅に下回っている。

不完全なデータセットからではあるが、同グループは15年について、GDPが増加しても排出量は0.6パーセント減少すると予測している。エラーバーは1.6パーセント減〜0.5パーセント増だ。「単位GDP当たりの排出量の減少」という継続的な傾向のなか、このような予測になった。

この変化傾向は中国によるところが大きいという。研究者グループによると、中国ではこのところ経済成長が(止まってはいないが)鈍化している。また、汚染の多い産業経済と石炭利用から脱却するための大規模な取り組みが、「15年には中国の排出量が3.9パーセント減少する」という予測につながった。中国の排出量は再び増加する可能性が高いが、中国政府は、30年までに天井を打つと約束している。

研究者グループはまた、京都会議の基準年である1990年以降の傾向を検討している。排出量の継続的な増加を回避するために必要と提案されているいくつかの「安定化のためのくさび」について、そのうち風力エネルギーとソーラーエネルギーと2つは軌道に乗っているという。ほかに、森林破壊の削減など、少なくとも進展しているくさびがある一方で、原子力エネルギーや、排出炭素の回収と貯蔵など、ほとんど何の進展もないものもある。

研究チームはコメンタリーで次のように結論している。

「2014年と2015年は、二酸化炭素排出量の増加率が思いのほか低いことが観察された。ただしこれが、世界の排出量のピークが近づいている最初の兆候であるかはまだ不透明だ。現在の(国の排出量の)取り決めは、仮に排出量が近くピークを迎えるとしても、世界の排出量の実質的な減少にはまだ何年もかかることを示唆している。世界の排出量を、気候の安定化のために求められる完全な脱炭素へと向かわせるには、エネルギーの利用と生産の転換を加速することが必要だ」

Netherlands Environmental Assessment Agencyが2015年11月に発表した各国の排出量の傾向。グラフは別記事から。

関連記事:世界最大のCO2回収プロジェクト、米国で始まる

TAG

Arstechnica USCO2EnvironmentGreenhouseGasEmissions