寒い日にぴったり!「アイスモンスター 表参道」であったか台湾スイーツ&ドリンクを

写真拡大 (全5枚)

今年4月末に表参道に初上陸した台湾かき氷ショップ「ICE MONSTER(アイスモンスター)」には、もう出かけた? マンゴーやタピオカミルクティーなどの台湾らしいメニューも人気だけど、季節限定の味にもいただけるのが魅力。例えば、2015年12月11日(金)から25日(金)には、日本限定のクリスマスメニューとして「ピスタチオかき氷」(1300円・写真)を販売するそう。

「ナッツの王様といわれるピスタチオフレーバーのアイスブロックと甘酸っぱいイチゴで、クリスマスらしい彩りに仕上げました。ミルキーなパンナコッタとベリー入りのグラノーラをトッピングで、豊かな食感を味わえるのもポイントです」と、広報担当の榎本さん。

さらに、タピオカ入りのホットドリンクや台湾生まれのあったかスイーツの販売も12月11日(金)からスタート。そこで、さっそく気になる新作メニューについて詳しく聞いた。◆台湾からやってきた「あったかスイーツ」3種


新しく登場したあったかメニューは、台湾で定番のスイーツ「豆花」「台湾式おしるこ」「ゴマ白玉」の3種類。イチゴとマンゴー、艶やかな小豆が色鮮やかな「豆花」(700円・写真手前)は、日本限定のメニューで、黒糖ベースのシロップと豆乳の優しい甘さでどこか懐かしい味わい。弾力のあるタピオカとプチプチとした麦も食感にバラエティーを添える。

紫色が目をひく「台湾式おしるこ」(600円・写真左)は、プレーンな白玉のほか、ほんのり甘いサツマイモと紫イモを練り込んだ白玉も各3個ずつ入っていて、食べ応えばっちり。美容効果が高いといわれる真っ赤なクコの実が散りばめられているのも、女子には嬉しいところ。

また、冷えた体を特に温めてくれそうなのが、「ゴマ白玉」(650円・写真右)。ジンジャースープにすりゴマが入りの白玉を5つ浮かべたこちらは、香ばしいゴマの甘さとショウガのピリっとした風味がベストマッチ。

◆体を温めてくれる「タピオカドリンク」4種


大粒のブラック・タピオカパールが入った“タピオカミルクティー”は、台湾発祥のドリンクとして女子にもなじみ深いはず。これからの季節にぴったりなホットドリンクとして、4種類が日本限定で登場。

もっともベーシックな「タピオカ ジンジャーミルクティー」(500円)は、紅茶にショウガの自家製のシロップを加えた1杯。ウーロン茶ベースの「タピオカ ウーロンミルクティー」(450円)は、紅茶よりもタピオカの味わいを満喫できる。このほか、牛乳の代わりに豆乳を使った「タピオカ ソイミルクティー」(500円)と、ココナッツミルクを合わせた「タピオカ ココナッツミルク」(550円)の2種類もあって、こちらは両方とも紅茶ベース。それぞれ違う風味が味わえるドリンクから、お気に入りを見つけて。

◆手土産にもぴったりの「マンゴーケーキ」


さらに、台湾土産としてなじみ深い“パイナップルケーキ”をアレンジした「マンゴーケーキ」(3個入り800円、5個入り1300円)も12月1日(火)から販売をスタート。しっかりした食感の生地に自家製のマンゴージャムをぎっしりと詰めたこちらは、テイクアウトのほか、「中国茶セット」(700円)として店内でもいただけるとか。

「セットのお茶は、中国茶4種類から選んでいただくことができます。すっきりしたジャスミン茶やまろやかな甘みの凍頂烏龍茶が、フルーティなマンゴーの味わいとベストマッチでおすすめです」(同)

台湾は大好きだけれど、最近、旅行に出かける時間がない…そんな女子こそ足を運んで、本場生まれの味を堪能して。