ハリウッド史上最大規模の「スター・ウォーズ」ワールド・プレミア。

写真拡大

シリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の全世界公開に先駆け、12月14日(日本時間15日)、ハリウッドにて史上最大規模のワールド・プレミアが開催された。

会場は、ハリウッド大通りを4ブロックにわたって完全封鎖。450メートルにもおよぶレッドカーペットに世界各国から集まった報道陣は、テレビカメラ100台、スチールカメラ150台、総勢600人にものぼる、“ハリウッド史上最大規模”のプレミアイベントとなった。

歴史に名を残すプレミア会場に選ばれたのはハリウッド大通りにある3つの映画館、TCLチャイニーズシアターとオスカー受賞式が行われるドルビー・シアター、そしてエル・キャピタン。3つの映画館で同時にプレミアが行われるのは超異例のことだ。このハリウッドを代表する映画館で、約6,000人の招待者が遂に世紀の瞬間を体験することになる。

まずレッドカーペットに登場したのは、ファーストオーダーの兵士ストームトルーパーたち。続いてお馴染みの人気ドロイドコンビ、R2-D2とC-3PO、そして丸いボディがキュートな新ドロイドBB-8が登場し、カメラマンのフラッシュにポーズで答える。

そして、先日来日を果たしたJ.J.エイブラムス監督やデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバーら“新たな主役たち”、“レジェンド”ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルが登場。さらには「スター・ウォーズ」シリーズの生みの親ジョージ・ルーカス監督が登場すると会場のヴォルテージは最高潮に達した。

ルーカスから「スター・ウォーズ」を引き継ぎ、無事「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を完成させたJ.J.エイブラムス監督は、制作に要した3年間を「すごく長く感じると同時に一瞬の出来事のよう」と振り返る。シリーズ初の女性主人公レイとして世界中の注目を集めるデイジー・リドリーは、背中が大胆に空いたレースのドレス姿で登場し、その艶やかな姿にひと際注目を集めた。作品の中でミレニアムファルコンを操縦したことについて質問されると「とても楽しかったわ!」と興奮気味にコメント。そのミレニアムファルコンの伝説のパイロット、ハン・ソロを演じたハリソン・フォードは「みんなが知っている作品だから期待が大きい」と語りながらも始終ゆとりある表情でインタビューに答えていた。

レッドカーペットイベント終了後、上映に先駆けドルビー・シアターにて監督と出演者による舞台挨拶が行われた。J.J.の呼びこみで出演者が勢ぞろいし、満席の3,400人の観客を多いに沸かせた。

◎キャスリーン・ケネディ

Q.この時のために数年かけてきたと思うのですが、いかがですか?
A.なんだか、非現実的ですね。これをすべて3年前に始めてほとんど今日までやっていたことを考えても、本当にうれしいことです。

Q.「スター・ウォーズ」は過去の大作とは、どのように違うのでしょうか?
A.これまでに関わった作品とは全然違います。世界中へのリーチ力のすごさと様々な世代の反応はこれまで関わった作品を遥かに超えています。でも、旦那が近くいて、彼がジュラシック・ワールドをやったから気をつけないと。ジュラシック・ワールドを下げていると思われたくないわ。

◎ハリソン・フォード:

Q.このイベント、どうですか?
A.素晴らしいね。

Q.70年代と現在、スター・ウォーズをやる上での差はどのようなことでしょうか?
A.70年代は、誰もこういう映画を見たことがなかったけど、今は、みんなが知っている作品で、期待するもの大きいからそこが大きな違いだよ。

Q.プレッシャーとか感じますか?
A.いや、J.J.のせいにするさ!僕は働くだけだ。

◎ジョージ・ルーカス

Q.プレミアはどうですか?
A.楽しいよ!すごく興奮するよ。

Q.こんなに大きくなると思っていましたか?
A.いや、始めたときから全然こんなになるなんて思ってもいなかったよ。

Q.すばらしい宇宙の世界を作り上げられ、多くのファンを生んだことについて、どう思われますか?
A.若い人向けの映画を作りたいってところから始まって、精神的に変化のある思春期を迎えている人たち向けにしたかったんだ。この映画は家族の話だから。世代の話なんだよね。一つの世代が、次の世代が対応しないといけないものを残していくという内容でもあるよね。

◎スティーブン・スピルバーグ

Q.70年代に始まった時点で、この作品が今にまで続く、ここまでの作品になることを予測していましたか?
A.はい、思ってました。まぁ正確には1作目が世の中で大きなヒットをした時のインパクトはすごかったからね。ソーシャルメディアや瞬時に情報が伝達されないときのことだからね。ゆっくり火がついていくのを感じだよ。こんなに長い間、受け継がれている作品は「スター・ウォーズ」以外ほかにないからね。

Q.J.J.に関しても同じような感じですか? どこからともなく彼を見つけましたよね?
A.16歳の時から知っているし、すごく身近な存在の彼が成し遂げたことをすごく誇り思うよ。

◎J.J.エイブラムス

Q.今晩はどんな気分ですか?
A.今までにない経験をしてるよ。とても、非現実的だよ。こんなの初めてだよ。みんなにこんなに映画を楽しみしてくれているのがうれしいよ。ご近所の方々に申し訳ないよ。3年がすごく長く感じたのに、と同時に一瞬な気もするよね。なんか変な感じがするよ。

Q.スター・ウォーズのどの星に一番住みたいですか?
A.エンドアが美しいかな。イウォークがいないゾーンがあればいいな。嫌いなわけじゃないんだけど、いつも一緒なのはね。マズカナタの城があるタコダナもいいよね。でも、砂漠の惑星だけはいやだな。

◎マーク・ハミル

Q.今回ルークを演じるに当たり難しかった点はなんですか?
A.この数年の間、彼が何をしていたのかを想像することだね。過去を入れ込みつつ、いかに今回のキャラクターの中に自然に溶け込むのかというのを意識したよ。