Doctors Me(ドクターズミー)- 原因は性行為だけじゃない! 疲れやストレスが「カンジダ膣炎」を引き起こす?

写真拡大

「カンジダ膣炎」という病名を聞いたことがありますか? 症状は外陰部のかゆみや、酒粕状ともカッテージチーズ状ともいわれる白くてモロモロしたおりものなどがよく知られています。女性の約2割が経験するといわれるごくありふれた病気ですが、“性行為でしか感染・発症しない”と思われがち…。しかし、これは大きな間違いなのです。

今回は、カンジダ膣炎という身近な病気の原因や対策について医師に伺いました。

「カンジダ膣炎」はなぜ起こる?

カンジダは真菌の一種ですが、膣内に常在している菌であり、また口の中や消化管の粘膜、肛門などにも常に存在しているものです。通常は、ほかの常在菌とのバランスがうまく保たれているため、カンジダだけが大量に増殖することはありません。

しかし、以下のような場合には注意が必要です。

・ひどく身体が消耗している
・カンジダとバランスを保っている菌を殺したり、増殖を抑えたりするような働きを持つ薬(風邪などの感染症の際に服用する抗生物質など)を服用している
・妊娠などによって膣内環境が変化した場合
・強いストレスがある場合

このような場合、ほかの菌に比べてカンジダ菌が優勢になり、一気に増殖してしまうことがあり、これが「カンジダ膣炎」を引き起こすことになるのです。

感染を防ぐ2つ方法

1. 通気性のよい下着を履く
カンジダは真菌、平たくいうと「カビ」ですから、高温多湿の環境において繁殖しやすくなるという特徴があります。ナイロン素材のパンティーストッキングや、風通しの悪い下着は陰部の蒸れの原因になるためできるだけ避け、通気性のよいコットンなどの下着を履くことをお勧めします。

2. 陰部を常に清潔にしておく
膣の自然な自浄作用を残しておくために、ごしごし洗ったり、日に何度も石けんで洗うようなことは避けてくださいね。また、なかには、陰部の匂いを気にして頻繁に陰部を洗う人がいますが、これはNGです。正常な女性の膣や陰部は少し酸っぱいニオイがするものです。

医師からのアドバイス

いかがでしたか? カンジダは性行為でのみ感染するものではないということが分かっていただけたかと思います。万が一、気を付けていてもカンジダにかかってしまった時には、ひどくならないうちに婦人科を受診しましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)