飲み過ぎ注意(shutterstock.com)

写真拡大

 酒を飲んだ翌日に体調を崩したり、気分が悪くなって仕事や生活に支障をきたす。二日酔いは誰もが経験しているものの、なかなか解決できない悪習慣だ。

 アルコールは、飲酒後1〜2時間かけて、胃で約20%、小腸で約80%が吸収された後、血液から全身を巡る。ほろ酔いから酩酊に入ると、酔っぱらう。

 アルコールは、アルコール脱水素酵素(ALDH2)によって有害なアセトアルデヒド(CH3CHO)になり、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド分解酵素(ADH)や、ミクロゾーム・エタノール酸化酵素系(MEOS)によって無害な酢酸(CH3COOH)変わる。その後、酢酸は、水と二酸化炭素に分解され、呼気、尿、汗として排泄される。以上が酔いのメカニズムだ。

 二日酔いは、このメカニズムが破綻し、脱水、胃痛、吐き気、疲労感、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などの症状が出る異常な状態だ。

酒を飲むとトイレが近くなるのはなぜか?

 まず、酒を飲むとトイレが近くなる。なぜか?

 アルコールは、体内の水分調節をする抗利尿ホルモン(バソプレシン)の分泌を抑える、つまり、尿をよく出す働きがある。抗利尿ホルモンは、大脳の脳下垂体から分泌されるホルモンで、血液量や浸透圧を一定に保つ役割がある。

 たとえば、大量の汗をかいたり、脱水症状になると、体内の水分を保つために抗利尿ホルモンの分泌量が増え、尿の量が減る。一方、酒を飲むと、抗利尿ホルモンの分泌量が抑えられる。つまり、尿の量が増えるので、トイレが近くなるのだ。

 とくにビールは、アルコールのほか、大量の水分や新陳代謝を活発にするカリウムを含み、利尿作用が強いために、トイレに何度も行くことになる。ビール中瓶2本(アルコール量50g)を飲むと、およそ1ℓの水分が尿として排出される。

 酒を飲みすぎれば水分が恋しくなるのは、体内の水分量が減少し、脱水状態になるからだ。飲みながら水分補給すれば、二日酔いは和らぐ。

脱水症状、頭痛、吐き気、胃痛、頻脈、アルコール性低血糖、疲労感......

 だが、アルコールの弊害は、脱水症状だけではない。

 アルコールは、血管を拡張する働きがあるので、免疫反応や生体防御に促すサイトカインを大脳周辺の血管に増加させ、頭痛を引き起こす。日本酒に多く含まれるアデノシンのほか、アセトアルデヒドや酢酸も血管拡張作用があるため、血管が炎症を起こして片頭痛を起こしやすくなる。

 また、アルコールは、胃粘膜を傷つける。胃は、胃酸が細菌やウイルスの侵入を防御しながら、胃粘液によって胃粘膜を守っている。だが、アルコール濃度の高いウイスキーやジンだけを大量に飲み続けると、胃粘液の分泌バランスが崩れ、胃粘膜がダメージを受けるので、胃痛や吐き気を起こし、二日酔いにつながる。

 さらに、アセトアルデヒドは、毒性があるため、アルコールの血中濃度が高まれば、頻脈が現れたり、皮膚や顔が赤くなったり、吐き気を催したりする。

 しかも、肝臓は、アルコールやアセトアルデヒドを最優先に分解するので、栄養素の代謝が遅れたり、グリコーゲンからブドウ糖を合成する働きが抑制されることから、血糖値が上がらないアルコール性低血糖の状態に陥る。アルコール性低血糖の状態が続くと、無気力感や空腹感に襲われる。飲んだ後のシメに、ラーメンやお茶漬けなどの炭水化物(糖質)が欲しくなるのは、低血糖の状態を改善し、血糖値を上げる自然な生理作用だ。

二日酔いにならないために「す・て・き」を守ろう!

 脱水症状にスポーツドリンク、しじみ味噌汁、お茶など、アルコール性低血糖にオレンジジュース、レモンジュース、コーンフレークなどは、二日酔いに効果がある。

 二日酔いの予防だが、特効薬はない。二日酔い防止ドリンクの常用は避けたい。二日酔いにならないために、酒を飲む時は「す・て・き」を守ろう。「す・て・き」は、水分補給・適量・気持ちよく愉しみ、休肝日をとること。ゆっくり、ゆったり、酒を愉しもう!
(文=編集部)

参考:「おもしろサイエンス お酒の科学」(日刊工業新聞)、国立がん研究センターHP、e-ヘルスネットHP(厚労省)、「からだのしくみ辞典」(日本実業出版社)、「アルコールと健康NEWS&REPORTS」(アルコール健康医学協会)、独立行政法人酒類総合研究所HP