「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン」(550円)は、手に持つとずっしりと重さを感じるボリューム!

写真拡大

モスバーガーを展開するモスフードサービスは、2016年3月下旬まで、「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン」(550円)と「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン スライスチーズ入り」(580 円)を全国のモスバーガー店舗で発売中だ。

【写真を見る】厚さ4mmのベーコンの上に、オニオンソテーがたっぷり!

2008年の発売以来、累計1億1600万食(2015 年10月末時点)を販売している「とびきりハンバーグサンド」シリーズ。人気の秘訣は、国産肉(豚・牛合挽き肉)を100%使用したジューシーなハンバーグにある。肉本来の味を楽しめるだけでなく、通常パティと比較して約1.5倍の重量を誇るボリュームも魅力だ。

そんな同シリーズの新作は、イタリア産の豚肉を使用したベーコンをハンバーグの上にのせ、さらに食べごたえアップ!値段も最高価格帯、重さも最重量と、まさに“とびきり”の自信作なのだ。その気になる味をお届けすべく、記者が「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン」を実食してみた。

運ばれてきた瞬間、これまでのモスバーガーの商品とは一線を画する、あまりのボリュームに驚く。今回のポイントであるベーコンは、バンズからはみ出すほどのビッグサイズ!厚みは4mmにカットされているという。

大きく口を開き、ガブリと一口食べてみると、ハンバーグの旨味と共に、ベーコンの脂が持つ上質な甘味が口いっぱいに広がった。デミマスタードソースは、こだわりを感じさせる奥深い味わい。肉の風味をより一層引き立てていた。

■ 名脇役のオニオンソテー

さらに、同商品の魅力を語る上で忘れてはならないのが、オニオンソテーだ。シャキシャキとした野菜本来の食感を残しつつ、甘味を見事に引き出している。このオニオンソテーとソースを絡めただけでも十分においしいと思えるほど、存在感を放っていた。

ハンバーグにベーコンが重なっていると、しつこくなるのではないかと想像しがちだが、その心配は必要なし!フレッシュなトマトが油っぽさを中和し、最後まで飽きることなく楽しめた。もちろんボリューミーなので満腹感はあるが、また食べたいと思わせてくれる、ちょうど良いバランスが絶妙だ。

高級なグルメバーガー専門店に行かずとも、本格的なハンバーガーを堪能できる今回の新商品。ちょっと贅沢な気分に浸りたい時、期待の上をいくおいしさで、その欲求に応えてくれるはずだ。【東京ウォーカー】