京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と武田薬品工業は15日、iPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究をこのほど開始したと発表した。

 この共同研究は「Takeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications(T-CiRA)」と名付けられ、がん、心不全、糖尿病、神経変性疾患、難治性筋疾患など6つの疾患領域でiPS細胞技術の臨床応用を目指して研究する。

 iPS細胞技術は医療の未来に画期的な変革をもたらす可能性があり、その応用は創薬研究、細胞治療、薬物安全性評価など多岐にわたる。