ミクロの「死」をとらえた動画:ニコン顕微鏡コンテスト

写真拡大

2015年のニコン顕微鏡コンテスト動画部門で入賞した作品を紹介。今年1位に選ばれたのは、生命の最も根源的な段階である「死」をとらえた作品だ。

ニコンは毎年「スモールワールド」と呼ばれる顕微鏡画像コンテストを開催している。

「ミクロの「死」をとらえた動画:ニコン顕微鏡コンテスト」の写真・リンク付きの記事はこちら

2015年の静止画コンテストの結果についてはすでにご紹介した(日本語版記事)。顕微鏡を通して撮影された動画部門では、誰も見たことのない微生物の世界に光を当てた作品が紹介されている。今年1位に選ばれたのは、生命の最も根源的な段階である「死」をとらえた作品だ。

顕微鏡を使ったアートを専門とするオンライン美術館「マイクロポリタン美術館」(日本語版記事)を主催するオランダのウィム・ファン・エグモンドが出品した動画では、繊毛虫であるトラケリウス属の一種が、カンパネラ属の一種を捕食し、完全に体内に取り込んでいる様子を見ることができる。

「自然界はわたしたちのすぐそばに存在しているのに、それを間近で見ようとする人はほとんどいない」とファン・エグモンド氏は説明の中で述べている。「庭にあるプールは、ミニチュア版の水中ジャングルそのものであり、生命で満ちあふれている。そうした世界を目にしたければ、まずは裏庭を観察するのが一番だ」

2位に輝いたのは、「Wonder Science TV」のダニエル・パーソンズによる、シロアリの消化管内の様子を撮影した動画だ。

消化管内には、鞭毛虫型の原生動物パラバサリアの一種である「トリコニンファ」が何百とひしめいており、彼らが消化管内を移動する映像を見ることができる。

3位を獲得したのは、オークランド大学のゴンゾロ・アヴィラで、擬寄生虫の幼虫が、宿主から脱出して繭をつくる様子を撮影した作品だ。

過去の入賞動画(日本語版記事)には、ウズラの胚が卵の中で成長する様子を復元した3D動画(2013年1位)や、ニワトリ胚の卵黄嚢にインクを注入して鼓動を打つ心臓を視覚化した作品(2011年1位)などがある。

TAG

MicroscopeNikonSmallWorldVideoWIRED UK