写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは12月15日、12月から施行となったストレスチェック制度に向けて、グループ約7万人の従業員を対象にストレスチェックを行うメンタルヘルス対策システムを2016年4月に導入することを発表した。

同システムは、NECソリューションイノベータの「メンタルヘルスケアサービス」を活用して構築されたもので、NECは同システムを「クラウド型メンタルヘルス対策支援システム」として提供も開始した。

同システムは、厚生労働省が作成した「職業性ストレス簡易調査票」(全57問)を採用したセルフチェック機能が搭載されており、従業員のストレス状況を把握するとともに、従業員自身のストレスへの気付きを促すものとされている。同社は、グループ約7万人の従業員を対象に定期健康診断と同期化して、年1回実施するという。また、同法で義務とされる、高ストレス者で申し出のあった従業員への医師による面接指導なども強化していくとしている。

さらに、職場が抱えるストレス状況を可視化する機能も搭載。従業員のストレスチェックの回答結果をもとに、職場や役職ごとの平均値を一覧で表示し、職場間比較や経年比較が可能となっている。同社は、希望部門において同機能を用いて、職場が抱えるストレス状況を把握し、適切な改善施策の検討や立案など、職場環境改善活動を効果的に推進していく構えだ。

同システムの価格は、31万5200円〜(税別、500ID・1年利用の場合)となっている。