テキストメッセージ文末のピリオドは「無作法」:米調査

写真拡大

米国の大学生を対象とした調査で、テキストメッセージの文末にピリオド(終止符)をつけると相手に「真剣さが劣る」と評価されることがわかった。感嘆符だと、「より真剣で関心が高い」と受け取られるという。

「テキストメッセージ文末のピリオドは「無作法」:米調査」の写真・リンク付きの記事はこちら

文法に忠実な人たちには悪いニュースだ。米国ビンガムトン大学の新しい調査によれば、テキストメッセージの文末にピリオドを打つのは「無作法」なのだという。

この調査では、テキストメッセージのやりとりを読むことを参加者に求めた。メッセージには、返信の文末がピリオドのものと、そうでないものがあったが、文末がピリオドのものは、そうでないものよりも「真剣さが劣る」と評価されたという。

調査ではまた、感嘆符(「!」)にはピリオドと逆の働きがあり、感嘆符を使うと「より真剣で関心が高い」と受け取られることがわかった。

手書きの通信文ではこの反応が再現されなかったことから、この「ルール」は、オンラインのコミュニケーションのみに当てはまるとみられる。

対面の会話は、アイコンタクトや顔の表情、間、声のトーンなど、オンラインで失われるさまざまなニュアンスで味付けされているが、オンラインでは文章トーンの判断が難しく、対面のコミュニケーションを左右する非言語の重要な手掛かりが失われることが知られている。そのため、テキストメッセージの利用者たちは、ニュアンスを伝える新しい方法を見つけている。

今回の論文の筆頭著者であるシーリア・クリンはこう語る。「テキストメッセージでは、アイコンタクトなどを使えません。ですから、テキストメッセージを送るときに、その場で利用できるものに頼るのは理にかなっています。われわれのデータによると、顔文字や、音声をまねた意図的なミススペル、そして句読点が、そのために使われています」

今回の調査は、わずか126人の大学生に基づいたものなので推論は限定的だが、コンビューターのインターフェイスを通じて自分を表現する新しい方法を、人々が見つけつつあることを示唆している。

クリン氏はこう述べている。「人々は、ニュアンスを含む複雑な情報を会話でやりとりすることに驚くほど習熟しています。このことを考えれば、テキストメッセージが進化して、テキストでニュアンスを伝達する方法を人々が見つけていくのも驚きではありません」

関連記事:人は「相手の信頼度」を、瞬間的に判断している:研究結果

TAG

CommunicationTextMessageWIRED UK