写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは12月15日、国内PaaS(Platform as a Service)市場の2014年の分析と2019年までの予測を発表した。

IDCではPaaS市場を、「クラウドアプリケーションプラットフォーム」、「クラウドデータサービス」、「クラウドインテグレーションサービス」、「クラウド開発/ライフサイクルサービス」の4つの市場セグメントに分類し、市場規模調査を実施。調査の結果、2014年の国内PaaS市場規模は、前年比45.8%増の336億4100万円となった。

市場セグメント別に見ると、クラウドアプリケーションプラットフォーム市場が232億2400万円(前年比成長率42.7%)、クラウドデータサービス市場が71億3700万円(前年比成長率61.9%)と、両市場がPaaS市場全体の9割を占める結果となった。また、2019年のPaaS市場規模は1038億円となり、2014年〜2019年の年間平均成長率は25.3%になると同社は予測した。

2014年におけるPaaS市場のベンダーシェアはセールスフォース・ドットコムが1位、アマゾンが2位となっている。「Force.com」でいち早く市場に参入したセールスフォース・ドットコムが引き続き市場をけん引するポジションを維持する結果となったという。2位のアマゾン、3位のマイクロソフトはIaaSとの連携を行いながらクラウドデータサービス市場で高いシェアを獲得している状況。IBM、オラクルなどの大手ソフトウェアベンダーもPaaS分野の取り組みを強めている一方、ビッグデータ処理、IoTのバックエンドとしても有望視されており、市場への注目が高まっていると、同社はみている。