新鮮ジューシーな「若鶏焼き」

写真拡大

宮崎からやってきた鶏肉専門の大衆酒場「とり家 ゑび寿」の武蔵小杉、青砥に続く関東3店舗目が千葉・浦安に登場します。

場所は千葉県浦安市北栄1-15-12 浦安臼倉ビル2階。2015年12月15日オープンです。

2日間限りの「フードドリンク全品半額」

「とり家 ゑび寿」の魅力にひとつはフレッシュさ。宮崎県の生産者が現地で加工した鶏肉を空輸で直接仕入れているため、安心安全と加工から1日でお店で提供される新鮮さを兼ね備えています。

また、おすすめの部位6種を盛り合わせたお得な「ミックス焼き」(680円)を始めとした毎日でも立ち寄れるリーズナブルな価格設定も特長。昭和の大衆酒場を思わせる店内でおいしい鶏肉料理と酒をがっつり楽しめることから、連日満員の大人気っぷりを見せています。

看板メニューは豊かな自然環境で育った生後49日の若鶏を直火で豪快に焼きあげた「若鶏焼き」各種です。臭みのない若鶏ならではの脂の甘さやコク、みずみずしさ、程よく締まった身のプリプリとした弾力が味わえます。鮮度抜群のレバーや砂肝もイチオシですよ。

そしてオープン日の12月15日と16日の2日間限定で、フードとドリンクが「全品半額」になるオープン記念イベントも開催。恒例の行列のできる人気イベントですので、行きたい人はご注意を。

詳細は公式サイトへ。