いま日本が世界に提示すべき価値観とは? 林千晶が「日本のデザイン勉強会」で学んだこと

写真拡大

講師に日本の民俗学者や、哲学者、能楽師を迎え、2015年の夏より密かに開催してきた「日本のデザイン勉強会」。MITメディアラボ所長補佐も務める主宰者の林千晶が、この半年で学んだことを振り返る。(雑誌『WIRED』VOL.20より転載)

「いま日本が世界に提示すべき価値観とは? 林千晶が「日本のデザイン勉強会」で学んだこと」の写真・リンク付きの記事はこちら

2020年のオリンピックに向けて、日本は世界にどのような価値観を提示できるのか。

そんな問いに答えるために、日本を動かしている基本ルールとアーキテクチャーを考えるべく、林千晶と『WIRED』編集部は、六本木アカデミーヒルズにて、2015年の夏から密かに「日本のデザイン勉強会」を不定期で行っている。

これまでに畑中章宏(民俗学者)、鞍田崇(哲学者)、安田登(能楽師)、佐藤健一(和算研究者)を講師に迎えてきた。彼らからどのような学びを得ることができたのか。以下、第3回までを終えて、林千晶が振り返る。

CHIAKI HAYASHI︱林 千晶
1971年生まれ、アラブ首長国連邦育ち。早稲田大学商学部を卒業後、94年に花王に入社。97年に退社しボストン大学大学院に留学。大学院卒業後は共同通信NY支局に勤務し、米国IT企業や起業家とのネットワークを構築。2000年に帰国し、ロフトワークを起業。12年よりMITメディアラボ所長補佐を務めている。


中学生のとき、ドイツの建築家ブルーノ・タウトによるエッセイを通じて日本の美を教わる授業があった。随分前のことなのでうろ覚えだが、欧米に憧れてハリボテで文化輸入を進める行為を批判し、神道にもとづく古来の清楚な生活様式にこそ、日本的美学が息づいていると指摘するものだった。なるほどと膝を打つ内容ではあるが、一方で「なぜドイツ人から日本の美しさについて教わるのだろう?」と違和感をもったことをよく覚えている。

仕事柄、海外に行くことが多い。友人も含め日本贔屓の外国人は少なくなく、カンファレンス会場で、街中で、タクシーの車内で、彼らは嬉しそうに話しかけてくる。「お前は日本から来たのか?」。彼らは驚くほどよく日本を知っている。日本のよさについて饒舌に語る。

わたしは笑顔で相槌を打ちながら、親戚が褒められているような少し誇らしい気分と、ブルーノ・タウトを教わったときの居心地の悪さを感じるのだ。それは本来、自分自身で語るべき価値が、外部によって価値を言語化されてしまうことへのバツの悪さであり、自分たち以上に的確な表現でそれを語る“外国人”への嫉妬なのかもしれない。

しかし、これはなにも新しい問題ではない。日本が近代化するなかで、心ある日本人は絶えずこの問題にぶつかり格闘してきた。その軌跡を例えば柳田國男や柳宗悦といった先人たちの思考にいま改めて学ぶことは、無駄なことではないはずだ。

オリンピックを追い風に、これから日本文化を世界に発信する機会が増えるはずだ。「お・も・て・な・し」や「クールジャパン」をくさすのは自由だが、そうするには持論をもっていないとはじまらない。日本らしさとは何か。中学生のときから棚上げしてきた問いに、自分なりに答えを見つけるためにリサーチをはじめることにし、『WIRED』日本版の若林恵編集長に伴走をお願いすることにした。お互い「イノヴェイション」や「クリエイティヴ」など外来語に囲まれて仕事をしており、欧米からの輸入に頼り、日本語での思考を停止している現状(タウト的には「醜悪な状況」)に問題意識をもっていたからだ。

第2回の講師として招かれた、民俗学者の畑中章宏。主な著書に『災害と妖怪』、『津波と観音』、『『日本残酷物語』を読む』など。最新刊は『蚕: 絹糸を吐く虫と日本人』。PHOTOGRAPH BY KAORI NISHIDA

石碑と口碑、言葉の力

日本の特徴のひとつに「言語化しない文化」がある。端的なのは、伊勢神宮の式年遷宮だろう。20年に一度、2つの正殿と14の社殿、1,000点を超える調度品を造りかえて神座を遷すという「仕組み」を通じ、1,300年にわたって日本古来の建築様式や伝統工芸の技術を継承している。これほど大掛かりなものでなくても、大工仕事にも、茶道にも、華道にも、日本の多くの伝統文化には「書かれたマニュアル」は存在しない。師匠の背中を見て、空気を読んで、肌で感じることが習得の術である。「書かない文化」への考察において、最初の講師、民俗学者の畑中章宏さんが面白い話をしてくれた。

東北地方は、歴史上、幾度となく地震や津波の被害を受けてきた。浸水の恐れがある低地には「地震があったら津波に用心」という石碑がポツリ、ポツリと残っている。しかし津波の記憶は驚くほど簡単に失われていく。人々は生活のために再び海に出ていき、甚大な被害を被った地域も復興していく。石碑の存在はあっという間に忘れられていく。しかし一方で、伝承には文字に加え口伝えという方法もある。妖怪や河童など、その土地固有に紡がれてきた物語がそれにあたり、災害と結びつくものが多いというのである。

妖怪を生み出すのは、人の心象風景である。個人として体験した災害や苦しみは、心に異様な風景を生み出す。それが時間を経て少しずつ消化され、個の記憶が、地域全体の記憶として昇華する。龍の物語は、水にまつわる不幸な出来事を発端に生まれたものが多いとされる。事実は消滅しても、その土地の感情として、次世代に継承されていく。言語で定義されたものに比べ、日本式の体験による継承は時間がかかる。解釈の幅も生まれる。そのため同一性を保つ強さはない。しかし、物事の本質を思考させ、形状やディテールは変化しても、本質的な価値を維持しようとする、動的な継承法と読み解くことができるかもしれない。

勉強会の第2回の講義で鞍田崇さんが語ってくださった「民藝運動」の話のなかにも、同じような志向性を感じ取ることができた。「美」を民衆の声なき声のなかに探した「民藝運動」もまた、人の生活に根ざした「見えない価値」の動的な継承を見出すための視点だったのだ、とわたしには感じられた。


12月1日発売の『WIRED』VOL.20は、「人工知能」と「都市」の2大特集・特別保存版
Amazonで購入する>>

第1特集「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、ぼくらの暮らしのすべてを変えていくAIの向かう先を考える。第2特集「未来都市TOKYOのゆくえ」では、本記事のほか、国内外で都市づくりを率いる9人による「未来のTOKYOのための4つの対話」、スター建築家ビャルケ・インゲルスのロングストーリー、「デスラボ」カーラ・マリア=ロススタインの死の都市TOKYO彷徨記など、読み応えのある記事を一挙掲載! テクノロジーとデザインが変えゆくTOKYOの未来の姿を考える。特集の詳しい内容はこちら。

TAG

CultureDesignInnovative City ForumJapan

日本人の身体』や、『あわいの力 「心の時代」の次を生きる』など、第3回の講師、能楽師の安田登の著作を通しても、日本人固有の身体的な感覚について、多くを学ぶことができる。PHOTOGRAPH BY DAIZABURO NAGASHIMA

見えないものを見る、聞こえない音を聴く

「見えないものを見る」ということで言えば、「空気を読む」のも、日本固有の感覚だ。周囲を気にして、行動に移せない性向を自嘲するニュアンスもあるが、若林さんはあっけらかんと「日本人ってさ、空気を読めるんだぜ。それって凄くない?」と言うのだった。

空気を読む能力は、能に通じる。第3回にお招きした、能役者であり甲骨文字の泰斗でもある安田登さんの話を伺って感じた。能には指揮者がいない。演者は神経を研ぎ澄まし、互いの動きを読みながら、即興的に物語を展開していく。発声や身体の動きは、完全に一致させる必要がある。そのためトレーニングでは、一緒に舞う、背を向けて舞う、そして仕切り扉越しにまったく見えない状況で舞う。

相手の声が聞こえてから発声するのでは遅すぎる。相手の動きを見てから動くのでは遅すぎる。一寸違わず、同じ瞬間に動き、声を発するには、相手の聞こえない声を聴き、動いていない動きを見るのだという。

ふと考えると、感覚を澄まして集合知とシンクロする行為は、生活のなかで実践している気もする。例えば人で溢れかえる駅のプラットフォームで、身体をぶつけずに歩く術も、外国人にとっては驚きらしい。

議論の場では、大切なことは言葉にしないまま進めていく。能にも似た様式をもって、日本人はいまなお空気中に浮かんでいる言われていない言葉を聴き、動いてない動きを読み取る行為を繰り返している。

史論でもなく文化論でもなく

日本のルーツが面白くて、いろいろと語ってしまった。しかしリサーチの目的は、日本の歴史を紐解くことではない。また文化論として日本の伝統を掘り下げたいのでもない。日本が日本らしい根拠を文化で片付けてしまっては思考停止である。また遺伝子による継承に帰結するのも強引だ。

把握したいのは、現在形の日本であり、日本を動かしている基本ルールとアーキテクチャーである。それを把握することで、わたしたちの日本文化の発信は生きたものになるし、都市をはじめとするあらゆるデザインも、そこで展開されるビジネスやカルチャーの設計も、日本の風土やそこに育まれた感覚や感性に寄り添った自然なものとなっていくはずだ。

日本文化といわれるものの背後にあるアーキテクチャーを、地道に言語化していく作業は、いまわたしたちにとって必要であるばかりでなく、世界からも求められていることなのだ。

12月1日発売の『WIRED』VOL.20は、「人工知能」と「都市」の2大特集・特別保存版
Amazonで購入する>>

第1特集「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、ぼくらの暮らしのすべてを変えていくAIの向かう先を考える。第2特集「未来都市TOKYOのゆくえ」では、本記事のほか、国内外で都市づくりを率いる9人による「未来のTOKYOのための4つの対話」、スター建築家ビャルケ・インゲルスのロングストーリー、「デスラボ」カーラ・マリア=ロススタインの死の都市TOKYO彷徨記など、読み応えのある記事を一挙掲載! テクノロジーとデザインが変えゆくTOKYOの未来の姿を考える。特集の詳しい内容はこちら。

関連記事:「バイオは自分には関係ないと思っていませんか」林千晶(MITメディアラボ所長補佐)

TAG

CultureDesignInnovative City ForumJapan