手のひらに収まるコンパクトサイズのベーシックスマホ

写真拡大

スマートフォン(スマホ)およびタブレットなどを扱うコヴィア(横浜市)は、SIMフリースマホ「FLEAZ NEO(フリーズ・ネオ)」を2015年12月下旬に発売する。直販サイト「FLEAZ Direct」での価格は9800円(税別)。

3G「FOMAプラスエリア」対応、初期設定が簡単「APN設定アプリ」搭載

低価格・小型サイズながら操作性に優れるベーシックモデル。4.0型WVGA(800×480ドット)、視野角の広いIPS液晶ディスプレイを装備。OSに「Android 5.1」を採用し、クアッド(4)コアプロセッサー(1.3GHz)、メモリーが1GB、内蔵ストレージが8GBを搭載する。メインが500万画素、サブが200万画素のカメラを備える。

「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」機能を搭載し、モバイルルーターとしても活用できる。3G回線「FOMAプラスエリア」対応で、郊外や山間部などを含め日本国内の幅広い地域で快適に利用可能だ。標準/microSIMのデュアルSIMスロット仕様を採用するほか、SIMカードの初期設定が簡単な「APN設定アプリ」をプリインストール。

IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0 Smart Readyをサポート。交換可能な1700mAhバッテリーを内蔵する。