KAT-TUNも出演の『FNS歌謡祭』、SNSではツッコミの嵐!?
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 12月も半ばに入り、忘年会シーズンたけなわとなりました。「飲み会続きで、なかなかまっすぐ帰れない!」なんて人もおられましょう。

 それでも、この日だけはマジ速攻で帰りたい――。今週は、ジャニヲタがやきもきしながら待ちわびる、大事なテレビがあるのです。

 それは、12月16日(水)放送の『FNS歌謡祭 THE LIVE』!

◆KAT-TUNのパフォーマンスにも注目

 FNS歌謡祭は、フジテレビがおくる毎年恒例の歌の祭典です。

 過日、新高輪プリンスホテル 飛天の間からのライブ『FNS歌謡祭 飛天』がありましたが、なんと今年は2回に分けて放送されるというのです。これはまさしく、FNS分身の術!

 で、芸能人の豪華な歌謡忘年会っぽい『飛天』に対して、『THE LIVE』は「おうちにいながらコンサート!」的なコンセプトでやってくれる模様。

『THE LIVE』に出演するジャニーズは、A.B.C-Z、KAT-TUN、ジャニーズWEST、Sexy Zone、タッキー&翼、NEWS、V6の7組。お兄様組と若手組が、バランスよく配されています。なかでも、新春コンサートを控えた“滝翼”や“ジャニスト”、それに田口淳之介さんが脱退を表明したKAT-TUNのパフォーマンスに注目が集まりそう。

◆ヲタたちは“実況”でコミュニケーションをはかる

「そりゃ結構だが、録画して後でゆっくり見ればよかろう」というアナタは性急です。

 言われなくても、もちろん後でもゆっくり見ます。そうじゃなくて、ジャニヲタはスマホ片手にナマでツッコミ、いや“ツッコ見”したいのです。これぞ、お茶の間ライブビューイングの醍醐味といえましょう。

「大好きなジャニーズと同じ場所にはいられなくても、同じ時を共有している!」と考えるだけで、ヲタの心は高まります。ヲタは自分の心情を実況しながら画面にかじりつき、ヲタ友とのコミュニケーションをもはかるのです。

 たとえば、「次、Sexy Zone来る!」「セクゾ来た!」「5人のセクゾ、泣く!!」「風磨の髪型カワイイ!」「風磨学ラン着せたい!!」「私も思いました! 着てほしい!」「ちょ、今誰か咳したw」「誰?ww」……みたいなツイートの輪が生まれるのですね。

 自宅と、知らない誰かの茶の間がふんわりつながり、同じひとときを楽しめる。これはやっぱり、リアルタイムで臨んでこその案件です。

 会場で見るライブは、文字どおり“ナマ”。リアタイしながらのツッコ見は“半ナマ”。番組録画は“乾き物”、とでも言いますか。

 時間を選ばず、見たいものが見られるようになった昨今。たまにはナマのおいしさにあやかるため、ダッシュで帰って“ツッコ見”してはいかがでしょうか?

【FNS歌謡祭 THE LIVE】
2015年12月16日(水)19時〜、フジテレビ系にて3時間の生放送。http://www.fujitv.co.jp/FNS/2015/contents02.html

【タッキー&翼】
新春コンサート「YOUは何しに? タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ。」を開催。1月3日(日)〜4日(月)は横浜アリーナ、6日(水)〜7日(木)は、大阪城ホール公演。

【ジャニーズWEST】
1月3日(日)大阪城ホールを皮切りに、オーラスの4月3日(日)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナまで「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」を開催。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』