レーティング:レスター・シティ 2-1 チェルシー《プレミアリーグ》

写真拡大

▽プレミアリーグ第16節、首位レスター・シティと14位チェルシーの一戦が、14日にキングパワー・スタジアムで開催され、ホームのレスターが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レスター・シティ採点

GK

1 シュマイケル 6.0

ジエゴ・コスタとの一対一を制す。冷静にハイボールも処理した

DF

17 シンプソン 6.0

堅実なプレーでマフレズの守備負担を減らした

5 モーガン 6.0

ジエゴ・コスタをタイトなチェックで封じた

6 フート 6.0

球際と空中戦の強さを見せた

28 フックス 6.0

攻守に安定したパフォーマンス。ロングスローも効いていた

MF

11 オルブライトン 6.0

地味ながら効果的に攻撃に顔を出した。パワフルな右足ミドルも披露

4 ドリンクウォーター -

前半序盤にハムストリングを痛めて負傷交代

(→アンディ・キング 5.5)

緊急出動もインテンシティの高いプレーを見せた

14 カンテ 7.0

小柄ながら機動力と球際の強さで中盤を制圧

26 マフレズ 7.0

圧巻の1ゴール1アシスト。規律を守りつつ躍動

(→インレル -)

FW

23 ウジョア 6.0

前線で身体を張って周囲を生かした

9 ヴァーディ 6.5

2戦ぶりとなる先制点を記録。攻守に戦った

(→岡崎慎司 -)

監督

ラニエリ 6.5

憎き古巣相手に完勝。攻守で相手を圧倒した

▽チェルシー採点

GK

13 クルトワ 5.5

2失点共にノーチャンス。枠内シュートにきっちり対応

DF

2 イバノビッチ 5.5

攻守にもの足りない出来

5 ズマ 5.0

1失点目は悪癖のボールウォッチャーとなっていた

26 テリー 5.0

ポジショニングが悪く寄せも甘かった

(→セスク 5.5)

攻撃に厚みを加えたが、闘えていなかった

28 アスピリクエタ 4.5

マフレズに完敗。2失点目の責任は重い

MF

22 ウィリアン 5.5

プレースキックの精度に加え、ハードワークも結果に繫がらず

7 ラミレス 5.0

引かれた際の攻撃の場面で無力だった

8 オスカル 5.0

守備はこなしたものの、攻撃面で求められた役割をこなせず

(→レミ 6.0)

2度目のチャンスを決め切った

21 マティッチ 5.0

後半途中からアンカーの役割を担ったが、本調子からは程遠い

10 アザール 5.5

前半半ばに負傷交代。状態が気がかり…

(→ペドロ 5.5)

再三の決定機を逸すもレミのゴールをお膳立て

FW

19 ジエゴ・コスタ 5.0

決定機を決め切れず、復調ならず

監督

モウリーニョ 5.0

再び守備が崩壊。降格圏が近づき、解任も止むなしか

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

マフレズ(レスター・シティ)

▽圧巻の個人技でチームの全ゴールに絡んだ。球離れは悪いが、それを逆手に取った意表を突くプレーで相手を揺さぶるなど、スマートさも見せた。

レスター・シティ 2-1 チェルシー

【レスター・シティ】

ヴァーディ(前34)

マフレズ(後3)

【チェルシー】

レミ(後32)