「この場にいられるのが奇跡」
12月14日都内で行われた映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年3月12日(土)公開)の完成報告会見が開かれた。主演をつとめる岡田准一をはじめ阿部寛、尾野真千子、監督の平山秀幸が登壇した。


原作は夢枕獏の世界的ベストセラー『神々の山嶺』。岡田演じる深町誠がカトマンドゥで見つけたエヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた、ある古いカメラを発見したことから物語が動いていく。
「山をやらないなら死んだも同じだ」と、孤高の天才クライマー羽生の生き様にのみこまれ、限界を超えた“世界最高峰”の頂きを目指すストーリーだ。

撮影はネパールのエヴェレストに登って行われ、標高5200メートルでの撮影は日本映画史上初。冒頭のコメントは平山監督の挨拶で聞こえてきた言葉だ。

「この役をやるため」岡田准一のカメラと登山


「自分がカメラを好きになって山に登るようになったのはこの作品をやるためだったのかなって」
野心家の山岳カメラマン・深町誠を演じる岡田准一は、プライベートでもカメラを持ち山に登っていたことから作品に縁を感じていた。

「自分のカメラを首につけながらずっと登ってたんですけど、その時に阿部さんの役作りを見ながら、ファインダー越しだと違うんですよね。自分の目とファインダーだと。阿部さんがどんどん羽生丈二になっていく、火の塊のような男になっていくんです。先輩の役づくりを見ながら登っていくというのが自分的にはすごくいい経験、勉強させてもらいました。
監督も演じるために色々考えるよりも“生身の岡田が出るぞ”と言って下さって。生身のお二人の感じというのも、厳しい環境の中でお芝居をする真面目さみたいなものをお二人から学ばせてもらいましたね」

体調を保つため?エヴェレストで鼻うがいレッスン



「色々考えていったことが通用しない場所だからというのは聞いていましたし、空気が半分という経験もしたことがなかったので」
山が好きで富士山の経験がある岡田も身構えたエヴェレスト。とにかく体調を崩してはならないと、阿部から鼻うがいを教わった岡田。標高5200メートルで鼻うがい!

岡田「こういう話しないほうがいいですかね?(笑)普通にいても苦しいのにむせて、いつも習ってたんですけどなかなか出来なくて」
阿部「僕は完璧にできるんですけど、岡田くんは僕を先生と呼んでくるからトレーニングしたんですけど苦しかったね」
岡田「(阿部が)鼻うがいマスターなんで、毎日教えて下さいって教えてもらったんですけどね」

日本映画史上初という標高だけに、相当過酷なロケだったことは確かだ。しかしキャスト、スタッフ誰一人欠けることなく撮影を終えた。

阿部「そこにたどり着くまでにお風呂もないしトイレもない。今回よくスタッフ全員がのぼりきったなと。もうあとは時間との戦い。過酷な中で呼吸も苦しいし、山もすぐそこにあるのに2時間くらいかかる異常な世界で…」


岡田から「誰よりもタフだったと思います」と言われた尾野は、岡田と阿部の間で心が揺れる岸涼子役。
「台本をいただいたて、エヴェレストにのぼりますって言われたんですよね、その時にじゃあやります!と決めていました」
即決だったという発言からもタフさが伝わってくる。

孤高の天才クライマー羽生を演じた阿部は、登山の経験がなかったため撮影前にスタッフと2〜3回ほど山にのぼり、低酸素室にも入るなど、事前に準備をしていた。しかも前人未到の役どころも影響して、岡田の前では弱音を吐けなかった。涼しい顔をしなければいけなかったことが辛かったと明かした。

岡田「孤高の役作りされてて、どんどんひげも蓄えて山男に変わっていく姿を見て“ああやっぱすげーなー”って思いながら見てました」

反対に岡田の役づくりに対しては、
阿部「彼、写真を実際にやられているしすごく上手なんですよね。役作りに入って、山で2週間くらいずーっとストーカーのようについてきて。トイレ行くときにもずっとついてくるから(笑)」
岡田「阿部さんは上手く撮れるんですけど尾野さんが上手く撮れないんです」
阿部「尾野さん撮ったら?って次の日撮ったらただのスナップだった(笑)」
岡田「撮っといてよっていわれて尾野さん撮りはじめたんですけど、まあ上手く撮れないんですよ(笑)」
尾野「……。」(無言で岡田を見る)

日本映画史上初という壮大なエヴェレストの景色をバックに、登壇者をはじめ取材陣からも笑いがこぼれる和やかな会見だった。

「とにかくでかくて映画を撮るという行為としては5200メートルは限界だった」
平山監督も大自然を前に、通常の撮影とは違うスタンスだった。
「ここで泣けとか笑えとか、そういう小手先のちっちゃな芝居が全く通用しない。俳優さんも分かっていると思うし、そういう意味でいくとこの3人の方のドキュメンタリーというか。もちろん役はそれぞれ与えられた役があるのですが、まわしている僕たちからすれば生の3人をまるごと撮っている気がしました」

エヴェレストに登り、『エヴェレスト 神々の山嶺』の撮影を経て、岡田は芝居に対する意識が変わりつつあるようだ。

「ずっと上手くなりたいとか、上手いってなんだろうというのを自問自答して…今もしていますけど。
今でも上手いってなんだろうって思いながら、どうしたら上手くなれるのかを考えながら生きてますけど。その先の人の心を打つ表現はなんだろうか、自分がそこに行くにはどうやったら行けるのだろうか。そうそういうことを考えるようになったかなと。それが山の影響かなと思っています」


(柚月裕実)