テーラーメイドの新ドライバー『M1 ドライバー』の投入が、世界ランク1位の要因となった(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 2015年シーズンのPGAツアーの大きなトピックといえば“2人の世界ランク1位”の誕生。『マスターズ』『全米オープン』とメジャー2連勝を果たした22歳のジョーダン・スピース(米国)、そして『全米プロゴルフ選手権』制覇とプレーオフシリーズ2勝を挙げた27歳のジェイソン・デイ(オーストラリア)は、ローリー・マキロイ(北アイルランド)とともに“新ビッグ3”としてメディアを賑わすまでになった。
【関連】ジェイソン・デイがぞっこん!米国PGAで話題の“M”
 今季前半戦から7月の『全英オープン』まではスピース一色の様相だったが、デイが『全英オープン』でプレーオフに1打足りずグリーン上で涙を流した敗戦を機に覚醒。翌週の『RBCカナディアン・オープン』でシーズン2勝目を飾ると、『全米プロゴルフ選手権』でメジャー初勝利、勢いそのままにプレーオフシリーズ初戦『ザ・バークレイズ』、第3戦『BMW選手権』と勝ち星を積み重ね、頂点へと登り詰めた。
 世界1位を成し遂げることができた『BMW選手権』は初日に圧巻のラウンド。「プロアマでM1ドライバーを使ってみて、バッグに入れようと思った。すごく良い調子で330ヤードくらい飛んでいたホールもあった。『R15』ではできなかったことだ」と、同大会までにシーズン4勝を挙げた立役者『R15ドライバー』から急遽テーラーメイドの新ドライバー『M1 ドライバー』にチェンジ。悪天候のためサスペンデッドとなったが、最終ホールを残して10アンダーを叩き出す改心のプレーぶりを見せた。
 2位に6打差をつけて最終日を迎え、「世界一になることは僕の生涯の夢。そして僕はオーストラリア人として最も若い世界一になる。もし僕が明日勝てなければ世界一にはなれないだろう。しっかり自分のやるべきことに集中してプレーしたい」という語った意気込みどおり、最終スコア22アンダーで悠々と逃げ切った。
 『M1ドライバー』は国内ツアーでも李京勲が『HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIAGOLF』で使用して勝利を挙げ、「飛距離が15〜20 ヤード近く伸びました。飛距離をアドバンテージに最後まで攻めのゴルフができた」と賞賛。また竹谷佳孝も「結構ハード目のスペックで作ったけど、ボールが浮いてくれる。スピン量は減っているのにボールが浮くので飛距離がかなり出ている。前の(R15)より少しつかまる感じはする」と性能の良さを実感している。
 『M1ドライバー』は12月14日の段階で早くもツアー6勝。好調を維持したなかでも、新クラブの性能を実感して積極的に使用を決めたデイの決断は正しかったと言えるだろう。
【全米プロゴルフ選手権 優勝セッティング】
1W:テーラーメイド R15 460 ドライバー 10.5°
(KUROKAGE Silver TiNi 70X)
3W:テーラーメイド AEROBURNER フェアウェイウッド 16.5°
(KUROKAGE Silver TiNi 80X)
3I-PW:テーラーメイド RSi TP アイアン
(トゥルーテンパー ダイナミックゴールド X7)
AW:テーラーメイド TOUR PREFERRED EF 47°
AW:テーラーメイド TOUR PREFERRED EF 52°
SW:テーラーメイド TOUR PREFERRED EF 60°
(ともにトゥルーテンパー ダイナミックゴールド Tour Issue S400)
パター:テーラーメイド Ghost Spider Itsy Bitsyプロトタイプ
ボール:テーラーメイド TOUR PREFERRED X (14年)
【プレーオフ第3戦 BMW選手権 優勝セッティング】
1W:テーラーメイド M1 460 ドライバー 10.5°
(KUROKAGE Silver TiNi 70X)
3W:テーラーメイド AEROBURNER フェアウェイウッド 16.5°
(KUROKAGE Silver TiNi 80X)
2I:テーラーメイド RSi2 アイアン
4I-PW:テーラーメイド RSi TP アイアン
(ともにトゥルーテンパー ダイナミックゴールド X7)
AW:テーラーメイド TOUR PREFERRED EF 47°
AW:テーラーメイド TOUR PREFERRED EF 52°
SW:テーラーメイド TOUR PREFERRED EF 58°
(ともにトゥルーテンパー ダイナミックゴールド Tour Issue S400)
パター:テーラーメイド Ghost Spider IB Black Prototype
ボール:テーラーメイド TOUR PREFERRED X (14年)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越コラム】デイとスピースの優勝争いは「運命の粋なはからい」
【舩越コラム】ジェイソン・デイを押し上げた“力”
【WITB】ジェイソン・デイのメジャー勝利を呼び込んだ“小さなクモ”
【試打】飛びとつかまりに特化した「GLOIRE G」