今年最後の流星群となる「ふたご座流星群」

写真拡大 (全2枚)

 ウェザーニューズは14日、今年最後の流星群となる「ふたご座流星群」に関する観測条件などについて発表した。

 本日夜から翌15日早朝にかけて観測ピークを迎える、ふたご座流星群。同社によると、弱い低気圧や湿った空気の影響により全国的に雲が多いが、雲の切れ間がある北日本、北陸、近畿で観測のチャンスがあるという。また、月明かりの影響がないため、天候に恵まれれば、前後10年ほどで最高の観測条件となると予想。ただし、九州、中四国の西側エリア、関東、東海などでは、雲が広がるので観測条件が厳しくなると紹介している。

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」では、3分以内に流星動画を配信する流星キャッチャーなど、ふたご座流星群を楽しむサービスを用意。14日22時からは、24 時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で、国内6ヵ所と中国・北京より同時中継を実施する。