おそ松さん 第一松 [Blu-ray]

写真拡大

赤塚不二夫さんの代表作のひとつ『おそ松くん』。この秋には、生誕80周年を記念して同作3度目のアニメ『おそ松さん』が始まり、オタク女子を中心に盛り上がりをみせています。

【おそ松さん】次回作、どの時代の六つ子が見てみたい?

設定は、彼ら六つ子が大人になったというもの。『銀魂』の藤田陽一さんが監督をつとめ、キャラクターデザインを『劇場版ドラえもん』総作画監督の浅野直之さんが担当したことも、彼女たちをザワつかせた理由のひとつでしょう。

また、池袋・ナンジャタウンでは、コラボイベント『おそ松さんinナンジャタウン』が12月4日から開催されています。イベント開始時には、深夜待機組がいるのでは ないかと物議を醸すなどの混乱も(通常こういったアニメイベントでは深夜待機はNGとされています)。連日多くのファンが殺到していることからも、幅広い層からこの『おそ松さん』が注目されていることがうかがえます。

何かと物議を醸すのも、国民的マンガ『おそ松くん』だからこそ。そこで今回は、その歴史にふれてみたいと思います。

担当編集にとんでもないイタズラを…!?

1962年にはじまった元祖『おそ松くん』。実は同作は、『少年サンデー』から、「4回連載で何か書いてみないか」という提案からはじまりました。当初はあまり期待されていなかったようですね。

ただ、赤塚さんはそんな時こそ、その当時主流だったまったりとしたギャグ漫画ではなく、テンポの早いものを狙ったとのこと(書籍『赤塚不二夫80年ぴあ』より)。

また、登場人物の構成も異常なものが良いと思い六つ子を採用。確かに後にも先にも六つ子をテーマにした作品はありません。最初に赤塚さんが考えたのは12人だったようですが、さすがに12人は雑誌の枠のなかで描き切れないということで断念したようです(いや、それは正解だった気がしますよ、先生)。

外見では見分けのつきにくい六つ子は小学校5年生の設定で、イタズラ好きで大暴れする彼らと、それを愛情深く見守るお母さんとのやりとりが魅力の同作。ただ、イタズラ好きは赤塚さんそのものだったらしく、ある大食いの担当記者に行ったイタズラ行為はなかなか派手なものでした。

ポスターカラーのホワイトを牛乳瓶にきれいに入れ、蓋をして冷蔵庫に入れて担当記者を待っていた赤塚さん。朝早くにやってきたその記者に対して、冷たい牛乳だといって飲ませたようです。

なんとも限度をこえたイタズラ。飲ませる方も飲ませる方ですが、飲む方も常軌を逸しており、担当記者は何も気付かずにぐいっと飲み干してしまったそうです(ちょっとその当時の方々のずぶとさに現代人はついて行けません……笑)。

そんな遊び心を抱いた赤塚さんによる同作は、4回連載で描いたにも関わらず大ヒット。アニメ化・商品化で国民的漫画に。また、同作には六つ子以外にも、デカパン、ハタ妨、ダヨーンなど奇抜なキャラクターが登場し、主人公の舞台を奪いかねないほどの個性を発揮しました。

若く未完成で混沌としたエネルギーが、作品の源

なかでも、イヤミの名台詞「シェー!」は多くの人が真似をしました。ゴジラもジョン・レノンも「シェー!」のポーズをし、社会現象に。当時、『小学二年生』という学年雑誌にも「シェー!」のやり方を図解で紹介するほどでした。

真面目なのかふざけているのか、よくわからないのが同作の魅力ですね。そんな同作について赤塚さんが真面目に語ったのがこちら。同書で彼の漫画家論が紹介されています。


「よく老大家と言う言葉を聞きますが、児童漫画家に関しては、この言葉は通用しないようです。児童漫画家は“大人のような子供”であり、“子供のような大人”でなくてはなりません。これは特殊な才能というものでしょうか。

ぼくは時々考えるのですが、人生をかくのごとく生きるということは大変楽しいものです。ですからぼくも、おそ松イコール赤塚、チビ太イコール赤塚のつもりで生活したいと思っているのです。児童漫画は悟りや達観の境地といったところからは生まれてきません。若く未完成で混沌としたエネルギーがその源です」


こちらは1966年に語られたものですが、何だか現代の私たちに投げかけているようにも聞こえます。

子供っぽい大人とは、決してネガティブな意味を持ちません。「子供っぽい=不真面目」と語られがちでありますが、赤塚さんは「子供っぽい」は大切なことと位置づけられています。

未完成な状態であっても、好奇心と遊び心を持ち続けることは、誰かを楽しくさせ、また、それによってより自分も楽しくなること。「大人は大人らしく」生活することが当たり前とされる現代ですが、あまりかたくなりすぎず、気を抜いてみるのも良いですね。さすが、赤塚不二夫先生。ありがとうございます。

(屯田兵)

【書籍情報】『赤塚不二夫80年』ぴあ