U−22日本代表は13日、UAEの首都ドバイでU−22ウズベキスタン代表との国際親善試合を行った。

 来年1月12日からリオ五輪アジア最終予選を兼ねているAFC U−23選手権2016に臨むU−22日本代表は、今月7日から同大会開催地のカタールで合宿を開始。10日はU−22イエメン代表と対戦し、スコアレスドローに終わった。UAEに移動して中2日で迎えたこの試合で、日本は4−4−2の布陣を採用し、2トップにはFW鈴木武蔵とFWオナイウ阿道が入った。

 試合は序盤から激しい主導権の奪い合いとなったが、互いに一歩も譲らず0−0で前半を終えた。迎えた64分、日本は矢島慎也のシュートがポストを直撃する場面もあったが、最後までゴールを割ることはできず、2試合連続のスコアレスドローに終わった。

 チームを率いる手倉森誠監督は、ウズベキスタン代表について「スキルフルでパワフルという印象通りのサッカーを仕掛けてきてくれました。球際、守備面では非常に良いトレーニングになりました」とコメント。最終予選に向けて選手の意識はだいぶ変わってきたと感じているようで、「今日の結果に対しては悔しい気持ちはありますが、自分自身を含め本当にタフに戦わないといけないという覚悟を日本に持って帰れます」と選手の中に覚悟が芽生えたと話した。

 U−22日本代表は22日からの石垣島でトレーニングキャンプを行う。