さりげない気遣いが求められている!? 男性が知っておきたい女性の生理

写真拡大

労働基準法には、母性保護の観点から、さまざまな妊産婦の就業制限に加えて、生理休暇というものが定められています。「生理日の就業が著しく困難な女性が休暇(半日、時間単位でも可)を請求した時は、生理日に就業させてはなりません」というものですが、パートナーや家族でもわかりにくい女性の生理について、職場の男性たちが理解するのは難しいことかもしれません。実際、こうした法律が運用されているか否かは職場によってだいぶ差があるようです。女性のほうも、生理で不調であることを男性には知られたくないような、でもわかってもらいたいような気持ちがあります。ここでは、男性が知っておくといい女性の生理についてのお話と、女性に対してどのような振る舞いが好ましいのかを解説しましょう。

ホルモンに操られている女性のカラダ


現代は、女性も男性並みに働く時代ですが、女性が男性のようなカラダになれるわけではありません。ご存知のように、女性には、毎月生理があります。じつはこの生理は、脳と深い繋がりがあります。それが男性には分かりにくいところなのかもしれません。脳から卵巣を刺戟するルモンが分泌されることで、女性ホルモンが働き、排卵が起きて、生理は起こるのです。つまり脳は生理の司令塔です。ですから、精神的なストレスで生理が起こるメカニズムが狂ってしまうこともあります。

また正常にきている生理でも、さまざまな不調(いわゆる生理痛=医学的には月経前症候群、月経前不快気分障害、月経困難症などと区別しています)を抱えている女性は大勢います。程度の差こそあれ、生理の始まる10日ほど前から、むくみやお腹の張り、腹痛や頭痛、倦怠感、眠気といった身体的症状や、気分が落ち込んだり、イライラしたり、といった精神的症状まで。生理が始まればパタリといつもの健康な状態に戻る人もいますが、生理中も続く人もいます。

必ずしもすべての女性にこうした症状が出るとは限りませんが、パートナーのあのときの反応はこれかも!?という心当たりのある男性もいるかもしれませんね。

こうした生理の周期は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌量が変動することで成り立っています。例えば、排卵日前後になると卵胞ホルモンは急激に減少し、生理が始まるころには黄体ホルモンが急激に増えます。生理痛は、この黄体ホルモンが原因ではないかといわれています。

女性ホルモンの分泌量は、年代やライフステージによっても変化します。たとえば、妊娠・出産時期を迎える20〜30代では、女性ホルモンの分泌量はもっとも多くなり、妊娠、出産後には増減が激しく、更年期を迎えるころには低下していく、といった変化をみせます。女性は、こうしたホルモンの影響で、心と体のバランスが崩れてしまうことがあるのです。

さりげない男性からの支えで頑張れることも


女性が男性のカラダを真には理解できないのと同じで、男性が女性の生理を本当の意味で理解することはできないでしょう。女性のほうも「理解してほしい」というよりは「配慮してほしい」という気持ち。なかには「知られたくない、知らなくていい」という女性もいます。また男性がパートナー、友人、父親、職場の同僚、上司のいずれかでも、求める対応は異なるのです。

公私の公のお付き合いでは、間違っても「生理痛なのか!?」などと無神経な声かけはせず、心の中だけで思って、さりげない労わりの振る舞いを心がけましょう。具体的な対応のポイントは以下のとおり。参考にしてみてくださいね。

●難しいことは保留してあげる優しさ
普段なら何ともない一言に急に怒り出したり、イライラしたり、どうしちゃったの?と思うかもしれませんが、寛大な心で。難しいことを話したり、考えを求めたり、突っかかったりはせず、また時期を見計らいましょう。

●家事や仕事をサポート
生理痛がひどいと、できれば横になっていたい、という状態のときもあります。家庭では、家事を手伝うなどしてサポートしましょう。仕事場では、「大丈夫?」「手伝おうか?」という声かけもいいですが、人によっては嫌がりますので、飲み物を差し入れたりするなどさりげない「行動」がいいかもしれません。

●女性の都合を確認しよう
女性は、スケジュール立てに生理周期を意識しています。男性の都合で大切な予定を急に設定したり変更したりしないように、女性の都合を聞いてあげるのがいいでしょう。仕事面でも体力勝負の場面では、女性の訴えに耳を貸す余裕を持ちたいですね。

●女性が嫌がるセリフ
「今日生理なの?」とか「何だ、生理なのか!」など、直接口に出されることはいやなものです。女性から言ってこない限り、わかっていても口には出さないほうが無難でしょう。

女性の方も甘えは禁物、治療も可能


女性を部下にもつ男性管理職の悩みで、「生理を理由に毎月仕事を休むが、対応に困る」ということが挙げられます。生理は毎月決まった日に、決まった日数くる、というものでもありませんし、症状の度合いも毎月同じではありません。しかし、何日も休んで仕事が遅れたり、職場の人間関係に支障をきたしてしまっている場合は、治療も可能です。女性自身も仕事や日常に支障を感じるようでしたら、婦人科で相談してみましょう。

(取材協力:バイエル薬品株式会社)
執筆者:南部 洋子(助産師)

監修者プロフィール:太田郁子先生


太田郁子先生・倉敷平成病院婦人科医長
倉敷平成病院婦人科医長
医学博士
日本子宮内膜症啓発会議実行委員