写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米マイクロソフトは今年11月、オンラインストレージサービス「OneDrive」の無料アカウントの容量削減を発表したが、ユーザーの声に応じる形で、オプトインにより無料アカウントが利用可能な15GBの容量を持続できるようにしたことを発表した。

今年11月、Office 365のユーザーを対象にしていた容量無制限のサービスを終了し、Office 365に加入していない無料アカウントのユーザーの容量は15GBから5GBに削減され、15GBのカメラロールボーナスが廃止されることなどが発表された。

これを受け、OneDriveのユーザー・コミュニティ「OneDrive UserVoice」に、マイクロソフトの決定を不満とする投稿「Give us back our storage」が行われ、7万を超える支持を得た。

この投稿に対し、Group Program ManagerであるDouglas Pearce氏がコメントを返し、特設サイトのリンクをクリックすることで、現在の無料容量である15GB、15GBのカメラロールボーナスを継続して利用できることを明らかにした。

このリンクは2016年1月31日まで有効で、申し込みを行わないと、無料ストレージ容量は5GBに縮小され、カメラロールのボーナス容量も失うことになる。