パーティシーズン到来!ちょっと奮発してステーキをがっつり食べたいけど胃もたれが気になるという人におススメしたいのがデザートにキウイをチョイスすること。キウイに含まれる成分が胃腸をやさしく守ってくれるんですよ!暴飲暴食が続くこれからの季節、キウイのことを頭に入れておいて対策してみてくださいね。

胃腸を守るキウイの成分って何?

キウイにはアクチニジンという成分が含まれ胃腸を守ってくれます。アクチニジンは、プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)の一種。ステーキなどたんぱく質も脂肪もたっぷりの食べものを食べた後でキウイをデザートにすれば、たんぱく質分解を促進し、消化吸収をサポートしてくれるので胃腸に負担がかからないのです。特に夕方に肉料理を食べるときに、アクチニジンは心強い消化の味方になってくれます。

アクチニジンの効果的な摂りかたは?

キウイには緑色のものと、ゴールデンキウイといって黄色のものがあります。アクチニジンの含有量は緑色が濃いもののほうが豊富です。ただしアクチニジンは熱に弱いところがあるので、加熱せずにキウイを食べると効果がアップします。注意してほしいのは、アクチニジンがアレルゲンにもなること。特に緑色のキウイで起こりやすいので、食べ過ぎないようにしましょう。

プロテアーゼはパイナップルにも!

肉料理のデザートにはキウイがよいといっても、いつもキウイでは飽きてしまいますね。ほかにもたんぱく質分解酵素を含む果物があります。パイナップルのブロメライン、パパイアの熟していない果実に含まれるパパイン、イチジクのフィシンなどがプロテアーゼです。ショウガにもショウガプロテアーゼが含まれますから、肉料理に使うとよいでしょう。プロテアーゼには肉を柔らかくする作用もあるので、調理に使うとおいしくお肉がいただけます。

おいしいお肉料理を食べる機会が増えそうな年末年始に向けて、プロテアーゼをうまく利用して、胃腸を健康に保ちたいですね。


writer:松尾真佐代