画像

写真拡大 (全2枚)

 CyberZは、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」において、ダイナミックリターゲティング広告配信機能を強化するため、「Criteo」と「Dynalyst」の2サービスとテクノロジー連携を行なった。

 CyberZは、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)において、CRITEOが提供する「Criteo」(クリテオ)とサイバーエージェントが提供する「Dynalyst」(ダイナリスト)とのテクノロジー連携を行なった。

 今回連携を行った2つのサービスは、共に企業の商品情報とユーザー行動情報を組み合わせ、ユーザーに対してパーソナライズドされた広告をリアルタイムに配信するダイナミックリターゲティング広告だ。

 同連携により、「F.O.X」を採用している広告主はダイナミックリターゲティング広告の配信・計測が可能となる。また、CyberZによれば「Criteo」におけるアプリ内への広告配信を実現したのは、国内計測ツールにおいて「F.O.X」が初めてだという。

MarkeZine編集部[著]