冬なのに20度を超える暑さに スパコンが予測する今世紀末の気象

ざっくり言うと

  • 「地球シミュレータ」が温暖化対策を実施しない場合の今世紀末の気候を予測
  • 平均気温は4度上昇し、「30年に1度程度の大雨」の発生頻度が最大5倍になる
  • 台風の数は減るが、猛烈な台風は、増え日本に接近する確率は現在の10倍に

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング