画像

写真拡大

 素材の投稿型販売サイト「PIXTA」は、12月10日より、素材に権利侵害が発生した場合に、損害を補償する「安心補償サービス」を開始した。

 写真・イラスト・動画素材の投稿型販売サイト「PIXTA(ピクスタ)」を運営するピクスタは、12月10日より、PIXTA素材が原因で、権利侵害(著作権侵害、肖像権侵害等)が発生した場合に、損害を補償する「安心補償サービス」を開始した。

 同サービスは、PIXTA素材を最初にダウンロードした日から1年間を有効期限として自動的に開始されるもの。未加工のPIXTA素材に権利侵害が発生し、素材に起因して購入者が被った損害を一定の条件においてピクスタが補償する。

 社会的な著作権侵害に対する意識の向上や、企業のコンプライアンス意識の高まりを背景に、多くの企業が、日々使用するデジタル素材の著作権や肖像権について、今まで以上に意識を向けるようになった。

 PIXTAは、プロ・アマチュア問わずクリエイター会員から作品を収集し、権利侵害等が存在しないことをクリエイター会員が保証した上で素材として提供している。ここに、万が一に備えて補償することで、同社は素材購入者のクリエイティブ活動を今まで以上にサポートしていく。

MarkeZine編集部[著]