レーティング:ユベントス 3-1 フィオレンティーナ《セリエA》

写真拡大

▽13日にユベントス・スタジアムで行われたセリエA第16節のユベントスvsフィオレンティーナは、ユベントスが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ユベントス採点

GK

1 ブッフォン 5.5

PK以外に出番なし

DF

15 バルザーリ 6.0

適切なポジショニングで相手の攻撃を封じた

19 ボヌッチ 6.0

安定した守備で相手の攻撃を未然に防ぐ

3 キエッリーニ 5.5

開始早々にPKを献上するも、しっかりと持ち直した

MF

16 クアドラード 6.0

古巣対戦。運良く同点ゴールを奪い、最後にディバラのゴールにも関与するなど決定的な仕事を果たした

6 ケディラ 5.5

復帰戦。攻守にそつなくこなした

(→ストゥラーロ 5.5)

惜しいヘディングシュートもあった

8 マルキジオ 5.5

相手のパス回しにいなされながらも、取り所を見極めてボールを刈り取る

10 ポグバ 6.5

味方を生かす好パスを連発して攻撃を司った

33 エブラ 6.5

クアドラードのゴールをアシスト。ポグバとの抜群の連係から効果的なオーバーラップを繰り返した

(→アレックス・サンドロ 6.0)

エブラに劣らず、左サイドで攻守に貢献

FW

21 ディバラ 6.5

鋭いドリブルで局面を打開。ダメ押し弾で試合を決めた

17 マンジュキッチ 6.0

体を張った守備を見せ、終盤にワンチャンスを沈めて決勝点

(→モラタ -)

監督

アッレグリ 6.0

ボールを保持されても我慢強く戦い、さすがの勝負強さで勝利をもぎ取った

▽フィオレンティーナ採点

GK

12 タタルサヌ 5.0

不運な面もあるが、先制点のシーンでは何とか対応したかった

DF

4 トモビッチ 6.0

マンジュキッチに競り負けず、堅実な守備を続けた

2 ゴンサロ・ロドリゲス 5.5

守備をしっかりと統率していたが、終盤に崩れる

13 アストーリ 5.0

2失点目はマンジュキッチのポストプレーを許したことから始まり、3失点目は軽率なロングボールの処理ミスだった

MF

10 ベルナルデスキ 5.5

繊細なタッチでPKを獲得するも、それ以外では局面を打開しきれず

5 バデリ 5.5

攻守にバランスを取りながら奮闘

8 ヴェシーノ 6.0

抜群の読みの良さを駆使し、攻守に気の利いたプレーを見せていた

(→M・フェルナンデス -)

28 マルコス・アロンソ 5.0

クアドラードとの攻防では押された

(→パスクアル -)

72 イリチッチ 5.5

PKを確実に沈める。ボルハ・バレロとともに攻撃を引っ張るも、うまく攻略できなかった

(→ロッシ -)

20 ボルハ・バレロ 6.0

献身的な守備でチームを助け、ボールスキルの高さで攻撃をけん引

FW

9 カリニッチ 5.0

シンプルかつ正確なポストプレーで起点となったが、序盤以降はユベントス守備陣に完全に消された

監督

パウロ・ソウザ 5.5

ユベントスを相手にもチームの質の高さを見せ付けていたが、勝負所を見極めきれずに敗戦

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ポグバ(ユベントス)

▽効果的なパスで攻撃を構築し、スルーパスで決勝点を演出。チームプレーに徹したパフォーマンスが光った。

ユベントス 3-1 フィオレンティーナ

【ユベントス】

クアドラード(前6)

マンジュキッチ(後35)

ディバラ(後46)

【フィオレンティーナ】

イリチッチ(前3[PK])