ちょっとした待ち時間は必ずスマホ Graphs/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 腰痛、肩こり、糖尿病......。生活様式の変化とともに"現代病"ともいえる疾患が生まれる。「テキストネック」という疾患をご存知だろうか。

 最近、米国を中心に注目されている疾患だ。その名から想像できるように、スマートフォンでの操作(メールなどのSNSで文字を入力すること)のやりすぎによって、頸部の形が変形してしまう、というものだ。いわゆる「スマホ首」だ。

 私たちの周りでは、スマホをいじる姿を見かけない日がないほどだ。立ちながら、あるいは座りながら......。どの姿勢でも、画面をのぞきながらうつむく角度で首をかしげている。このポーズは、頚部にとても大きな負担をかけているのである。

 本来の頚部の形は、少し反り返った形をしている。この形が、頭部を支えるのに最適なのだ。約10kgもある頭部の重さをうまく分散させる役割を担っている。

 だが、このテキストネックは、この"自然なカーブ"がなくなっており、それによって「椎間孔」という神経を通る隙間が狭くなってしまったり、椎間板と呼ばれる骨と骨の間にあるクッションの役割をしている組織が薄くなったりしている。

1年で約1400時間、頚部に異常なストレス

 これらの原因は、スマホを扱う姿勢にある。米国での調査によると、スマホの台頭からその使用時間は「1日4~7時間にものぼる」という報告がなされたという。

 もし仮に1日4時間スマホを使用しているとすれば、1年で約1400時間、頚部に異常なストレスをかけていることになる。これでは、何も異常が起きないというほうがおかしい。ある研究では、首を60°傾けると頚部への負担は6倍にもなることが報告されている。これでは当然、頭を支えることによる頚へのダメージは蓄積し続ける。

使いすぎを防ぐアラーム機能アプリの活用も

 では、テキストネックになるとどんな症状が現われるのか。頭部の重さをうまく分散できずに、首の痛みや疲れが生じやすくなる。また、神経が通る椎間孔が狭くなってしまうために、腕や手にしびれや痛みが生じる可能性がある。

 頚部の骨の配列がずれてしまうと、それが頭痛やめまいの症状を引き起こしてしまう。スマホをいつも使っている人で、頭痛やめまいを起こしている場合、このテキストネックになってしまっている可能性が考えられる。

 さらに、テキストネックは、うつ病などの心因的な問題も引き起こすことがある、と報告されている。

 そのテキストネックを防ぐには、まず使いすぎを防ぐことがいうまでもない。だが、それが難しい場合、定期的に姿勢をリセットすることがなによりの予防だ。

 15分に一度はスマホから目を離し、上を見上げたり、首を回したりして、筋肉のこりや姿勢をリセットしよう。それにより、血流量も上がるし、頚部の負担もリセットされる。

 たとえば1日の使用制限時間を設定すると、現在の利用総時間を教えてくれたり、制限時間が近づくとアラートで警告してくれたりするアプリもある。スマホの使用時間を管理することで、ライフバランスを見直すきっかけにもなる。活用も考えてみたい。

 また、正しい姿勢も大切だ。椅子に座ってスマホを扱う場合、頭を前に出しすぎないようにすること。背筋をしっかりと伸ばしているか注意したい。

 時代の変遷とともに私たちの"道具"も移り変わる。パソコンのキーボードの使用過多による弊害が、今度はスマホのようなモバイルデバイスへ移行してきたわけだ。携帯性に富んだ機能が災いとなり、使用時間の超過がもたらした。テキストネックは腰痛や肩こりに続く、現代人の多くが悩まされる病になるかもしれない。
(文=編集部、監修=三木貴弘)

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、現在は東京都で理学療法士として医療機関に勤務。その傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、"Contact.mikitaka@gmail.com"まで。