Yコンビネーターを立ち上げた男は「バイオスタートアップの未来」に賭ける──サム・アルトマン

写真拡大

Airbnbやドロップボックスを生み出してきた、シリコンヴァレー最強のスタートアップ育成所・Yコンビネーター。いま、彼らが目をつけている分野は、バイオテクノロジーだ。数年前は誰も信じなかった「バイオの可能性」を、Yコンビネーター社長サム・アルトマンが語った。

「Yコンビネーターを立ち上げた男は「バイオスタートアップの未来」に賭ける──サム・アルトマン」の写真・リンク付きの記事はこちら

テック業界では、サム・アルトマンの説明は不要だろう。しかし生物学者のなか紛れ込むと、この名高いスタートアップインキュベーター「Yコンビネーター」の共同創業者兼社長は、その青いパーカーとスニーカーの出で立ちであっても、その正体がバレることはない。

Yコンビネーターは、AirbnbやReddit、ドロップボックスといった多数の有名スタートアップに資金提供をしてきたことで知られる有力インキュベーターだ。2014年、彼らは合成生物学のスタートアップGinkgo Bioworksに初の資金提供を行った。Ginkgo Bioworksは、最近行われたシリーズBラウンドで4,500万ドルを調達した企業である。それ以来、アクセラレーターたちはこぞって、数十というバイオテクノロジースタートアップに資金提供を行っている。

15年11月にサンフランシスコで開催された、科学者や起業家、ヴェンチャーキャピタリストらが集まる合成生物学の学会「SynBioBeta」で、『WIRED』US版はアルトマンに会った。彼は、Yコンビネーターがバイオスタートアップの成功のためにどんな役割を果たしたのか、そして彼らの新たなラボ組織「Yコンビネーターリサーチ」の展望について話した。

──あなたはいつも、この手の起業家の集まりでは大勢の人々に取り囲まれているのかと思っていました。

バイオテクノロジーのイヴェントではそうでもないんですよ。

──きっとすぐにそうなりますよ。バイオスタートアップは今年、5億6,000万ドルという記録的な額の資金調達を行いました。なぜ、いま、投資家たちは、バイオテクノロジーにこれほどの関心をもっているのでしょうか?

ぼくたちが注目するポイントは2つ、「お金」と「時間」にかかるコストです。DNAシークエンスといったテクノロジーは日々進化するので、お金と時間という点で、これまでスタートアップはそのハードルを超えることができませんでした。ざっと計算して、数百万ドルを費やせば、バイオの分野では重要な進歩を見るための環境を整えることができるのです。

しかし、(それらのハードルが下がってきたことで)これまでに支払ってきた数千万ドル単位の小切手が、ついに昨年花開きました。おそらくぼくはこれから、他の投資家からバイオについて意見を求められることが最も多くなるでしょう。でも2年前は、彼らはぼくをクレイジーだと思っていたんです。「こんなものに資金提供をして何になるんだ? ものになるわけないよ」ってね。

──ソフトウェア企業への投資の場合、それがうまくいくまでは、たとえうまくいっていなくてもそのように装うことができますよね。最終的にはコードをきちんと動かせるということを、あなたはよく知っているからです。しかし生物学の分野では、ただただうまくいかないこともときとしてありますし、その原因がわからないこともあるはずです。そうした技術に投資をする前には、どうやって検証しているのでしょうか?

ぼくたちは、非常に初期の段階でその検証を行います。これはぼくらの投資ステップ特有のものといえるかもしれません。その結果、たくさんの投資を行っても、そのなかの多くで技術的な失敗があることを受け入れることができます。シリーズBの段階での投資ではそうはいかないでしょう。大きな報酬が得られる可能性があれば、ぼくらは大きなリスクもとるようにしているのです。

──どの企業のアイデアが成功するかどうかを、いかに見極めているのでしょうか? Yコンビネーターが資金提供した最初の合成生物学スタートアップGinkgoは、その創業者のうちの5人がMITの博士号をもっていますが、そうした経歴をもとにしているのでしょうか。

ぼくたちは常に人に投資をしています。彼らに経歴があるかどうかに。ただ経歴は、ぼくたちがその企業について知るにつれ、バイオのエキスパートになるにつれ、より多くのバイオテクノロジーのパートナーを育てるにつれ、そしてこれらのスタートアップをレヴューするのを助けてくれるような人々のネットワークをもつようになるにつれ、確実に重要ではなくなっていきます。実績がなくても、実際に素晴らしいアイデアをもっていて自分たちが話していることをよく理解しているのなら、バイオに関してはまったくの素人にも投資をすることが増えてくるでしょう。

──Ginkgoは無事投資を受けることになったわけですが、バイオスタートアップがうまくいくためのヒントは何か見えましたか?

ぼくは、人々がスタートアップに投資をするときに犯しやすい過ちは、「これはまったく違う」と決めつけてしまうことだと思うんです。そうして、人々がほしがるものや顧客と話をする機会といった大事なことを窓から捨ててしまうんです。ぼくたちが評価しようとしていることは、創業者が、世界を変えられるような会社をつくれるということ、今後10年間で会社を成長させていくことができるということを信じているかどうかです。

ぼくが好きなこんな言葉があります。「素晴らしいスタートアップのアイデアは、『よいアイデア』と『悪い考えのように見えるアイデア』の交点にあるものだ」。だから、ぼくがあるスタートアップを見つけたら、他の人はそれを悪いアイデアだと考えてくれるといいと思っています。そうすれば人と競わなくて済むわけですから。残念ながら、悪いアイデアのように見えるもののほとんどは、実際に悪いアイデアなのですが。

──しかし、人々のものさしに合った価値をもっていたほうがいい場合もありますよね。例えば「規制」です。農業系企業は、2年前にはEPA(米環境保護庁)の認証を受ける必要がありましたし、医療機器系の企業はFDA(米食品医薬品局)の認証が必要でした。

多くの投資家は、ものすごく短期的な価値観をもっていますが、ぼくらはそうではありません。15〜20年かかって1,000億ドルのリターンが得られるなら、まったく問題はないのです。投資家の多くは、規制の厳しいビジネスを好みません。それは不確かで、彼らはせっかちだからです。でも、ぼくたちはそれを悪いことだとは考えていません。長い時間のかかるものには数少ない人しか挑戦しないので、競争相手が少なくなるからです。

たいていの投資家は不確実性を嫌いますが、ぼくはそういうのが好きなんです。カジノのテーブルでギャンプラーがスリルを感じるのが好きなようにね。あるいはこれはぼくの欠点といえるかもしれませんね。不確実性の低いものを好む方が、投資の際には明らかに合理的なのですから。

──Yコンビネーターのブランドがあるからこそ、不確実性に対してそのように余裕でいられるのでしょうか? しかし、Yコンビネーターがある企業を支援すると、「Yコンビネーターが認めたから」といって他の人々も投資するような状況が実際に生まれています。

それはやめてしてほしいことなんですよ! 実は、Yコンビネーターが業界のなかでそうしたポジションについてしまったことは好ましくないと考えているんです。ぼくたちが企業に資金提供をすると、他の投資家は十分な精査もなしに投資をしてしまう…。これはその投資家にとっても、企業にとってもよくないことです。悪い企業がより早く消えていくのは、スタートアップのエコシステムにとっては好ましいことですが。

──最近発表されたYコンビネーターリサーチは、グーグルXやベル研究所を思わせます。あるいは大学の研究室のようにも思えます。いったいこれはどんな組織なのでしょうか?

Yコンビネーターは、ユニークなポジションを獲得しつつあります。ぼくらはたくさんの利益を生み出しています。公共機関ではありませんが、長期的な展望をもち、さまざまな問題を時代の変化とともにとらえています。そして毎年、何百という企業がぼくらのドアをくぐっていきます。もしそれらをすべてひとつにまとめることができれば、ぼくたちは素晴らしい研究組織をもっていると言うことができるでしょう。

Yコンビネーターリサーチの取り組みは、世界にとっては重要だけれどまだ企業としてのかたちにはなっていないものに、資金を提供していくための実験です。ぼくたちは、自分たちの使命が企業への資金提供だとは考えたことがありません。ぼくらはずっと、イノヴェイションを起こし、そのインパクトを最大化することを考えてきました。スタートアップの支援はそれを行うための最善の方法だと思っていますが、もちろん唯一の方法というわけではありません。Yコンビネーターリサーチは、学術研究や企業研究に優る新しい研究モデルをつくることができるか、という挑戦でもあるのです。

ラボの最初のグループは、15〜20人の科学者で構成される予定です。先月はずっと、ぼくはそのための人材をスカウトしていました。そして最初の運営は、自分自身で行うつもりです。じきに、それについてもお話できるようになるでしょう。

関連記事伊藤穰一が語る「バイオシティ構想」

TAG

BiologyPeopleIndexStartupWIRED USY Combinator