<タイゴルフ選手権 最終日◇13日◇アマタスプリングCC(7,469ヤード・パー72)>
 アジアンツアー『タイゴルフ選手権』は全日程が終了。3日目で2位に後退したジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)が、最終日で再び爆発。9バーディ・2ボギーの“65”をマーク、トータル21アンダーまで伸ばし2位に3打差をつけ優勝を決めた。
 トータル18アンダー2位タイにはフランスの新鋭クレメント・ソルデと昨年覇者のリー・ウェストウッド(イングランド)の2人。続くトータル14アンダー4位タイにはセルヒオ・ガルシア(スペイン)と韓国のアン・ビョンフンがつけた。さらに地元タイのパチャラ・コンワットマイが7バーディ・1ボギーの“66”をマークしトータル13アンダーで6位に食い込んだ。
 日本勢では片山晋呉がトータル9アンダーで13位タイでフィニッシュ。この日5バーディ・1ボギーの“68”で4つ伸ばし22位タイから13位タイまで順位を上げた。
 また、9位タイで最終日を迎えた宮里優作だったが3バーディ・2ボギー・1トリプルボギーで“74”と崩しトータル6アンダーでフィニッシュ20位タイに後退した。川村昌弘と小平智はともにトータル2アンダーでフィニッシュ44位タイで4日間を終えた。
【最終結果】
優勝:ジェイミー・ドナルドソン(-20)
2位T:リー・ウェストウッド(-18)
2位T:クレメント・ソルデ(-18)
4位T:セルヒオ・ガルシア(-14)
4位T:アン・ビョンフン(-14)
6位:パチャラ・コンワットマイ(-13)
13位T:片山晋呉(-9)他
20位T:宮里優作(-6)他
44位T:川村昌弘(-2)
44位T:小平智(-2)
<ゴルフ情報ALBA.Net>