【美声】ユダヤ教のお祭りで食べる伝統料理「ラトケス」のレシピをご機嫌なアカペラミュージックに乗せてご紹介♪

写真拡大


ユダヤ音楽をアカペラでパフォーマンスする男性コーラスグループ「The Maccabeats」が動画サイトYouTubeにて披露したのは、東欧ユダヤにおける伝統的な料理「Latkes(ラトケス)」のレシピを歌にした『Latke Recipe - Hanukkah』!

「ラトケス」とはポテトパンケーキのこと。そして「Hanukkah(ハヌカー)」とは、ユダヤ教の冬季の祭りを指します。

紀元前168年から紀元前141年に起きたマカバイ戦争の際、エルサレム宮殿を奪還したことを祝う清めのお祭りで、クリスマスとほぼ同じ時期に行われるんですって。へええ、知らなかった!

【「ハヌカー」のときは油を使った料理を食べます】

神殿の清めの儀式に用いる燭台「メノーラー」を灯すための1日分の聖油が、8日間燃え続けたという言い伝えにちなんで、「ハヌカー」の間は油を使った料理が必ず作られるのだそう。

そんなわけで、この時期は油をひいたフライパンや鉄板でジャガイモを焼いた料理「ラトケス」が食されるんですって。

【元ネタはウォーク・ザ・ムーンのヒット曲☆】

米ロックバンド「ウォーク・ザ・ムーン(WALK THE MOON)」のヒット曲、「Shut Up and Dance」のポップで軽快なメロディーに乗せて、いざクッキングスタート!

【歌い踊りながら作っていくよ】

色とりどりのコックの衣装を着用した「The Maccabeats」メンバーは、序盤からノリノリ。

「今夜はハヌカーだ! いるもの全部を手に入れよう! フライパンに油をちょっと……それがラトケスのレシピ〜♪」といった具合に、歌い踊りながら調理を進めていきます。

【レシピ動画としても非常にわかりやすいです】

ジャガイモをすりおろしてチーズをカットして、黒コショウを少々。そのほか材料をすべてボウルに入れ混ぜ、フライパンで焼いていく間も、美しいハーモニーは続く続く。

楽しく愉快に、最高のアカペラソングで異文化圏の料理を知ることができる同作は、一見の価値アリですよ。

【とにかくハーモニーが秀逸!!!】

これを機に、「ラトケス」クッキングにトライしてみたくなること必至。 “すべてアカペラ” ということが信じられないほど見事な「The Maccabeats」のパフォーマンスを、それではじっくり、お楽しみくださいませ!

参照元:YouTube(MaccabeatsVideos)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る